ニュース

カメラメーカー各社の「Webカメラ化」対応まとめ

オンライン会議用のWebカメラとしてデジタルカメラを利用することが、昨今の在宅勤務/リモートワークに伴う新たなトレンドとなっている。Webカメラ化には、キャプチャーマシンなどの専用機材を別途購入したり、配信用の各種ソフトウェア(無料の選択肢もある)を応用することもできるが、ここではカメラメーカーが自社製品を簡単にWebカメラ化できるよう開発・提供しているものに限定して紹介する。(最終更新:7月26日)

オリンパス「OM-D Webcam Beta」

OM-Dの一部機種を対象としたWebカメラ化ソフト。最新世代向けかと思いきや、E-M5 Mark IIIには非対応など、やや変則的な部分も見られる。

公開時期

Windows版:7月2日
Mac版:対応不明

対象機種

OM-D E-M1X、OM-D E-M1、OM-D E-M1 Mark II、OM-D E-M1 Mark III、OM-D E-M5 Mark II

キヤノン「EOS Webcam Utility Beta」

キヤノンUSAが独自に提供するソフトウェア。ベータ版であり、日本での公式サポートもないが、カメラメーカーとして初の対応だったため大きな話題となった。

公開時期

Windows版:4月28日
Mac版:5月27日

対象機種

※日本での機種名は編集部追記
・一眼レフ
EOS-1D X Mark III、EOS-1D X Mark II、EOS 5D Mark IV、EOS 5Ds、EOS 5Ds R、EOS 6D Mark II、EOS 7D Mark II、EOS 77D(EOS 9000D)、EOS 80D、EOS 90D、EOS Rebel SL2(EOS Kiss X9)、EOS Rebel SL3(EOS Kiss X10)、EOS Rebel T6(EOS Kiss X80)、EOS Rebel T6i(EOS Kiss X8i)、EOS Rebel T7(EOS Kiss X90)、EOS Rebel T7i(EOS Kiss X9i)、EOS Rebel T100

・ミラーレス
EOS M6 Mark II、EOS M50(EOS Kiss M)、EOS M200、EOS R、EOS RP

・コンパクト
PowerShot G5 X Mark II、PowerShot G7 X Mark III、PowerShot SX70 HS

シグマ

SIGMA fpがUVC(USB経由の映像規格)に対応しており、Web会議ソフトから外部カメラとして選択できる。製品発売から半年後に新たなポテンシャルを発揮したという事実も興味深い。

ソニー

コンパクトデジタルカメラ「VLOGCAM」ことZV-1の発表時(5月27日)に、同カメラをUSB接続でWebカメラ化できるソフトを後日提供すると予告。詳細は明らかになっていないが、サイバーショットRX100シリーズやα7/α6000シリーズへの対応も期待したい。

公開時期

Windows版:7月頃
Mac版:対応不明

対応機種

ZV-1(ほか、現時点では不明)

ニコン「Webcam Utility(ベータ版)」

6月末の段階ではサードパーティ製ソフトの使用方法を案内していたが、7月21日に専用ソフトの開発を発表。Windows版、Mac版のそれぞれについて、ベータ版の提供を予告している。

公開時期

Windows版:8月上旬
Mac版:時期未定

対応機種

Z 7、Z 6、Z 5、Z 50、D6、D850、D780、D500、D7500、D5600

パナソニック「LUMIX Webcam Software」

当初はテザーソフトをベースに動画配信向けとした「LUMIX Tether for streaming(Beta)」を提供していたが、追って本格的な"Webカメラ化ソフト"である「LUMIX Webcam Software」を開発発表。

公開時期

Windows版公開:9月末予定
Mac版公開:10月末予定

対応機種

LUMIX S1/S1R/S1H、LUMIX G9 PRO/GH5/GH5S/G100

富士フイルム「FUJIFILM X Webcam」

Windows、Macともに公開済み。なお、同社デジタルカメラのうち「X-A7」「X-T200」については、6月22日公開の最新ファームウェアを適用することにより、ソフトウェア不要でUSB接続のWebカメラとしてパソコンが認識するようになる。

公開時期

Windows版公開:5月27日
Mac版公開:7月9日

対応機種

GFX100、GFX 50S、GFX 50R、X-H1、X-Pro2、X-Pro3、X-T2、X-T3、X-T4

本誌:鈴木誠