ニュース

ソニー、秒間30コマ連写・約5,010万画素のフラッグシップ機「α1」。税込90万円

8K 30p動画、鳥の瞳AF、電子シャッター時のフラッシュ撮影に対応

ソニーは、ミラーレスカメラ「α1」(ILCE-1)を3月19日に発売する。価格はオープン。店頭予想価格は税込90万円前後。レンズキットの設定はない。

35mmフルサイズ・有効約5,010万画素のメモリー内蔵積層型CMOSセンサー「Exmor RS」を搭載するEマウント機。α9シリーズのスピード、α7Rシリーズの高解像、α7Sシリーズの高ダイナミックレンジといった特徴の全てを高いレベルで両立した機種だといい、ソニーとして初めて「フラッグシップ機」を謳うフルサイズEマウント機となる。

α9シリーズ(電子シャッターで約20コマ/秒)を上回る約30コマ/秒のブラックアウトフリー連写が可能(電子シャッター。Hi+モードで圧縮RAWもしくはJPEG撮影時)。対応レンズでは約30コマ/秒のAF追随連写も可能となっている。α9シリーズに続き、電子シャッターながらローリングシャッター歪みを抑えた点を「アンチディストーションシャッター」としてアピールしている。

感度は常用ISO 100-32000、拡張ISO 50-102400。ダイナミックレンジは15ストップ。画像処理エンジンはBIONZ XR。5軸・5.5段分のボディ内手ブレ補正機構を備える。

動画記録は8K 30p、4:2:0 10bit、4K 120p/60p 4:2:2 10bitに対応。α7R IV比で約5倍という放熱効果を持つ筐体設計で、8K 30pでも連続約30分の記録が可能だという。

AF/AE演算はこれまでの2倍となる120回/秒(α9シリーズは60回/秒)で、α9 IIと比べてAF/AE追随の精度が30%向上したという。AFエリアは位相差759点・コントラスト425点で、画面内の92%をカバーする。

リアルタイム瞳AFは、新たに鳥の瞳の自動検出・追尾に対応。動物の検出は、犬や猫のような動物の横顔や、寝転がって顔が逆さまになった状態でも瞳を追随するようになったという。

電子シャッター使用時にも、フリッカーレス撮影およびフラッシュ撮影(シンクロターミナルはメカシャッター時のみ)が可能。フラッシュ同調速度は電子シャッター時が1/200秒、メカシャッター時は1/400秒(α9 IIはメカで1/250秒)。

16枚の連写合成を行うピクセルマルチシフト撮影(三脚が必要)では、約1億9,900万画素の画像を生成。撮影時の最高シャッター速度が1/8秒から1/200秒に高速化した。

EVFはα7S IIIと同等の約944万ドット。ファインダー倍率は0.9倍。世界初という240fps駆動に対応する。背面モニターはチルト式の3型約144万ドット液晶。

記録メディアスロットはSD UHS-IIとCFexpress Type A両対応のデュアル。Wi-Fi機能や1000BASE-T(有線LAN)端子、HDMI Type A端子を搭備えている。

バッテリーはα9から採用されている「NP-FZ100」。バッテリーグリップ「VG-C4EM」も使用可能。外装素材はマグネシウムで、防塵防滴に配慮した設計としている。撮影可能枚数はファインダー時で約430枚、液晶モニター時で約530枚。USB PDによる充電・給電に対応する。

外形寸法と重量は約128.9×96.9×80.8mm、約737g(バッテリー、記録メディア込み)、約652g(本体のみ)。

スペック表で比較すると、α7R IVは同約128.9×96.4×77.5mm、約665g・約580g。α7S IIIは同約128.9×96.9×80.8mm、約699g・約614g。α1(チルト式モニター)とα7S III(バリアングル式モニター)は同寸となっている。

Introducing Alpha 1 | Sony | α

本誌:鈴木誠