デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

エプソン、ライカMマウント互換の「R-D1」に新モデル

〜SDHCに対応。液晶モニターが大型化

R-D1xG
 エプソンは、レンジファインダーデジタルカメラ「R-D1xG」を4月9日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は20万円台後半の見込み。

 2006年3月発売の「R-D1s」を改良した新製品で、取り外し式の金属製ハンドグリップを同梱したパッケージを「R-D1xG」、パッケージに含まれる本体を「R-D1x」と呼称する。

 主な仕様はR-D1sを継承。液晶モニターが2型から2.5型に大型化したのが特徴で、モニターを裏返して収納できるギミックはなくなり、今回から一般的な固定式となる。ドット数は約23万ドット。

 また、記録メディアとしてSDHCメモリーカードが使えるようになった。R-D1s自体が2004年発売の「R-D1」をベースにしており、R-D1s、R-D1ともにSDメモリーカードのみに対応。要望の多かったSDHCへの対応を果たした。そのほか、シャッターボタンの感触が変わったという。


 同梱のハンドグリップは、三脚穴で支持するタイプ。金属製で、内側には植毛処理が施されている。装着時は隙間がほぼ見えないほどボディと一体化する。27日現在、グリップ単体での発売は予定していないという。また、R-D1sおよびR-D1用の革ケース「RD1SC1」は、グリップを外した状態で装着可能。

 そのほかの仕様はR-D1sと同等。撮像素子はAPS-Cサイズ(23.7×15.6mm)の有効610万画素CCD。ライカMマウント互換のEMマウントを採用する。装着レンズの画角は、35mm判換算で焦点距離1.53倍に相当。

 二重像合致式のファインダーは等倍で、有効基線長は38.2mm。28/35/50mmのブライトフレームを搭載する。ブライトフレームの自動切り替えには非対応。軍艦部左手側のレバーで切り替える。距離計連動範囲は0.7m〜無限遠。

 フィルム巻き上げレバーを模したシャッターチャージレバーや、巻き戻しノブに見立てた操作パーツは健在。また、現在の撮影可能枚数・ホワイトバランス・画質モードは、アナログ感覚にあふれた指針式インジケーターで示す。

 RAW+JPEGでの記録など、R-D1sからの新機能も踏襲。リチウムイオン充電池のEPALB1は、R-D1およびR-D1sと共通となる。CIPA規格準拠の撮影可能枚数は約390枚。

 本体サイズは142×39.5×88.5mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約570g(本体のみ)。



URL
  エプソン
  http://www.epson.jp/
  ニュースリリース
  http://www.epson.jp/osirase/2009/090227.htm

関連記事
エプソン、数量限定「R-D1sレンズキット」を26日に発売(2007/04/19)
【新製品レビュー】エプソン R-D1s(2006/05/16)
エプソン、レンジファインダーデジカメ「R-D1s」(2006/03/15)


( 本誌:折本幸治 )
2009/02/27 12:48
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.