デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】
【 2016/05/18 】

ヨドバシカメラ、「デジタル一眼レフカメラワールド2004 in 新宿」開幕

〜E-300をはじめ各社デジタル一眼と周辺機器が勢揃い

デジタル一眼レフカメラワールド2004 in 新宿の会場
 株式会社ヨドバシカメラによる「デジタル一眼レフカメラワールド2004 in 新宿」が3日、新宿エルタワー30階の特設会場で開幕した。会期は5日まで。開場時間は10時〜20時(最終日は17時まで)。

 11月19日〜23日まで大阪の同社 マルチメディア梅田店で開催された「デジタル一眼レフカメラワールド2004」が好評だったため、東京でも開催されることになったもの。引き続き17日〜19日にはマルチメディア札幌店で開催されることが決定している。


高層階を生かして、都心の景色をデジタル一眼で

 梅田では店舗内に会場を設けたが、新宿では同社新宿西口本店から徒歩数分の新宿エルタワー30階に会場を特設した。

 新宿での大きなトピックスのひとつは、同日発売のオリンパス E-300が展示されること。梅田では発売前とあって展示もされなかったが、新宿では多数のデモ機を用意。ゆっくりと手にとって確かめられるようになっている。

 E-300だけでなく、コニカミノルタ α-7 Digital、ペンタックス *ist Ds、富士写真フイルム FinePix S3 Pro、キヤノン EOS 20D、ニコン D70などの話題の普及型デジタル一眼レフも多数用意されている。会場にあるほかのレンズへの交換も可能なほか、あらかじめメモリーカードを用意していけば、撮影画像を持ち帰ることもできるという。


多数のE-300が用意されたオリンパスブース
コニカミノルタはα-7 Digitalの実機のほか、スケルトンモデルとCCDシフト方式手ブレ補正機構のデモを展示
ペンタックス *ist Dsも交換レンズとともに多数展示

富士写真フイルムブースでは独自にモデルや被写体を用意、発売直後のS3 Proの画質を確かめられる キヤノンはEOS 20D、1Ds MarkIIのほか、プリンタ、コンパクト機などを多数展示 ニコンブースもD70やD2H以外にコンパクト、フィールドスコープなどを展示

 梅田で好評だったミニ撮影会での実機貸出については、台数を倍増。さらに、地上30階というロケーションを生かし、窓から各社のデジタル一眼レフと望遠レンズで都心の景色を撮影できるコーナーも設置。とくに夕方は日没が美しいという。

 なお、普及型ではないが、キヤノンブースでは35mmフルサイズデジタル一眼の最新機種「EOS-1Ds MarkII」の実機が用意されている。

 メーカー主催のセミナーについては梅田での好評を受けて、セミナー会場を2つに増設。1社あたりの枠と時間を増やした。


新宿を俯瞰撮影できるコーナー。ここではスリックの三脚と雲台も試すことができる セミナー会場は2つになった 撮影会が行なわれるステージは会場中央に。発売されたばかりのデジタル一眼レフのセミナーもここで行なわれる

プリンタなどの展示も強化

 また、デジタル一眼レフカメラによる作品作りをサポートする機器、ソフトウェアも多数展示される。とくにプリンタは来場者が持ち込んだ画像を印刷して、画質をその場で確認することができるようになっている。

 エプソンブースではPX-G5000、PX-G920といったデスクトップインクジェットプリンタに加え、デジタル一眼レフの高解像度化、高画質化にともなって個人でも大判プリンタを購入するユーザーが増えていることから、PX-6000、PX-7000といった大判プリンタの展示を強化。大判プリンタでも持ち込み画像のテスト印刷を受け付けるという。

 日本HPはフォトグレーインクによるモノクロ作品の出力をアピール。従来は実用機としてのイメージが強かった日本HPのインクジェットプリンタだが、梅田ではモノクロ出力の品質が話題となり、同社製プリンタについてのイメージを改めた人も多かったという。


エプソンのA2ノビ対応機PX-6000。PX-7000も用意される
プリンタ以外にも、R-D1やP-2000、F-3200、GT-X800など、エプソンの新製品が多数展示される
日本HPはグレーインクによるモノクロプリントをアピール。もちろんカラープリントも試せる

交換レンズメーカーもブースを出す。こちらはタムロン
タムロンはDi対応とDi非対応のコーティングの違いを見せる
シグマの新製品。会場のカメラや持ち込んだカメラで試すことができる

 ヨドバシカメラ 広告マーケティング担当部長の阿部淳一氏は、この催しの意図について「EOS Kiss Digital、D70あたりまではデジタルカメラやPCについてのスキルが高いお客様が多かったが、最近ではそうでなくてもデジタルに移行したいお客様が増えている。売っているだけではデジタル一眼の世界は広がらない。思い通りの色で印刷できないなどのトラブルを相談できるような、お客様の満足度を高めるための場として設けた」と述べ、「こうした活動によってデジタルフォトを盛り上げていきたい。弊社でお買い上げいただいた方はもちろん、そうでない方もどんどんいらしていただいて、なんでも相談をしていただきたい」とした。


 同社ではデジタル一眼レフ購入後の顧客満足度向上を目指し、店頭での相談受付のほか、各種教室や撮影会の開催に力を入れていくという。また、2005年3月に予定されている日本最大の写真の総合展示会「フォト イメージング エキスポ 2005」直後にも、今回と同様の催しを企画しているという。

 Web上と店頭での告知のみだったにも関わらず、初日の3日は朝10時の開場から多数の来場者があった。



URL
  ヨドバシカメラ
  http://www.yodobashi.com/
  イベント告知
  http://www.yodobashi.com/enjoy/more/store2/849604.html

関連記事
ヨドバシカメラ、新宿でも「デジタル一眼レフカメラワールド」を開催(2004/11/24)
ヨドバシカメラ梅田店で「デジタル一眼レフカメラワールド 2004」開幕(2004/11/19)
「フォト イメージング エキスポ 2005」開催内容が発表(2004/11/17)


( 田中 真一郎 )
2004/12/03 16:57
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.