デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】
【 2016/05/18 】

ペンタックス、「DA★ 50-135mm F2.8」が供給不足に


DA★ 50-135mm F2.8 ED SDM
 ペンタックスは27日、同日に発売したデジタル専用交換レンズ「DA★ 50-135mm F2.8 ED [IF] SDM」について、供給不足に陥っていることを明らかにした。

 理由を「予想を上回る注文をいただき、生産が追いつかないため」としている。

 なお、同じく新製品の「DA★ 16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM」については、予定通り8月11日に発売するという。

 DA★ 50-135mm F2.8 ED [IF] SDMとDA★ 16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDMは、ペンタックス初の超音波モーター(SDM)を搭載する新レンズ。ファームウェアVer.1.3に更新したK10Dや、12日発売のK100D Superで超音波モーターによるフォーカス駆動が行なえる。それら以外のデジタル一眼レフカメラでは、従来通りボディ内モーターによるフォーカス駆動が可能。

 どちらも2月22日の発表時は近日発売としていたが、4月26日に主要部品確保に時間を要していることと、十分な出荷量を確保することを理由に7月下旬に発売を延期していた。



URL
  ペンタックス
  http://www.pentax.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.pentax.co.jp/japan/news/announce/20070727-01.html
  製品情報
  http://www.digital.pentax.co.jp/ja/lens/index35_longzoom.html#03

関連記事
ペンタックス、超音波モーター採用DA★レンズ2本の発売日を決定(2007/07/19)
ペンタックス、DA★レンズ2本の発売を7月下旬に延期(2007/04/26)
ペンタックス、DA★「16-50mm F2.8」と「50-135mm F2.8」を正式発表(2007/02/22)


( 本誌:折本 幸治 )
2007/07/27 13:35
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.