デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

富士フイルム、手ブレ補正機能を備えた「FinePix F50fd」

〜有効1,200万画素のスーパーCCDハニカムVII HRを搭載

左からシルバー、ブラック
 富士フイルムは、CCDシフト式手ブレ補正機能を備えたコンパクトデジタルカメラ「FinePix F50fd」を発売する。価格はオープンプライスだが、店頭予想価格は4万5,000円前後の見込み。発売時期はシルバーが8月下旬、ブラックが9月下旬。

 2006年11月に発売されたFinePix F31fdの後継機種。撮像素子は、FinePix F31fdの1/1.7型の有効630万画素スーパーCCDハニカムVI HRから、1/1.6型の有効1,200万画素スーパーCCDハニカムVII HRに変更されている。最大記録解像度は4,000×3,000ピクセル。感度は最高ISO6400(300万画素相当)。最大640×480ピクセル、25fpsのMotion JPEG動画も撮影可能。

 また、同社のデジタルカメラとしては初めて、CCDシフト式の手ブレ補正機能を搭載する。約2〜3EVの補正効果があるという。





シルバー ブラック

 画面内の最大10人の顔を最短0.05秒で検出できる、独自開発の顔検出機能「顔キレイナビ」にさらに進歩させた。例えば、左右90度に向いた横顔、上下斜め方向に向いた顔にも対応する。また、カメラが左右135度まで傾いても顔認識が可能になった。

 顔検出機能を活用して、ストロボ撮影時に生じる赤目補正を自動的に行なう、独自の画像処理ソフトウェア「Image Intelligence」も搭載する。赤目を検出すると、メモリカード内に通常画像とは別に補正画像を別名で保存できる。

 F31fdに搭載された、高感度撮影機能とストロボ自動調光機能「iフラッシュ」や、ストロボ発光写真と非発光写真を連続して撮影する「高感度2枚撮り」などの機能は、F50fdにも引き続き搭載される。


FinePix F40fd
 F50fdのボディデザインや操作系は、2月に発売されたF40fdから引き継がれたものが多い。背面の液晶モニター周辺のモードダイヤル、十字キー、ボタン配置などに類似点が見られる。また、xDピクチャ―カードとSDHC/SDメモリーカードに両対応するカードスロットもF40fd譲りだ(ただしF40fdはファームウェアのアップデートでSDHCメモリーカードに対応した)。


FinePix F40fd(前面) FinePix F40fd(背面)

シーンモードのほかにA/Sなどのモードも搭載する
 露出制御はプログラムAEのほか、シャッタースピード優先AEと絞り優先AE、各種シーンモードを搭載。シーンモードとしては、独自の画像処理技術ダブルノイズリダクションを応用して、人間の顔のシワなどを軽減して人の肌を滑らかに描写する美肌モードを新搭載。

 連続撮影は、フル画素数で2コマ/秒で最大連続3枚の通常モード、300万画素で5コマ/秒で最大連続12枚の高速連写、記録媒体の容量いっぱいまで連写できるエンドレス連写モードがある。

 レンズは35mm判換算で焦点距離35〜105mm相当のフジノン光学3倍ズーム。開放F値はF2.8〜5.1。最短撮影距離は通常撮影時が広角端45cm、望遠端60cm、マクロモード広角端が約7cm、望遠端が約30cm。

 液晶モニターはF31fdの2.5型約23万画素から、2.7型約23万画素のTFT液晶モニターへ変更されている。また、大きくなった液晶モニターを利用して、再生モードに、1度に100枚を一覧表示できるマイクロサムネイル機能を新搭載。

 記録媒体は約25MBの内蔵メモリ、SDHC/SDメモリーカード、xDピクチャーカード。電源はリチウムイオン充電池。CIPA準拠の撮影可能枚数は約230枚。USB 2.0のほか、転送速度最大4Mbpsの赤外線通信機能「IrSimple」を搭載する。

 本体サイズは92.5×22.9×59.2mm(幅×奥行き×高さ)、重さは155g(本体のみ)。

 オプションのアクセサリーとして、専用ソフトケース「SC-FXF50」(8月下旬発売、3,990円)、水深40mでの撮影が可能な専用水中ハウジング「WP-FXF50」(9月下旬発売、2万1,000円)などを使用できる。


 画像閲覧・加工ソフト「FinePix Viewer Ver.5.4.0 Windows用」と「FinePix Viewer Ver.3.5 Macintosh用」が同梱される。Ver.5.4.0 Windows用は大量画像の取り扱いに対応した機能アップが施され、さらにデジカメプリントが簡単に行なえるようになった。同社独自の画像補正技術「Image Intelligence」を利用して、自動画像補正、赤目補正、簡単顔ズームなどの機能を実現している。



URL
  富士フイルム
  http://www.fujifilm.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0124.html
  製品情報
  http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixf50fd/

関連記事
富士フイルム、顔検出機能を備えた「FinePix F31fd」(2006/10/26)
富士フイルム、xD/SDスロット搭載の「FinePix F40fd」(2007/01/25)


( 本誌:織原 博貴 )
2007/07/26 14:10
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.