デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

富士フイルム、顔検出機能を搭載した「FinePix F31fd」


 富士フイルムはコンパクトデジタルカメラ「FinePix F31fd」を発表した。日本での発売も予定されているが、発売時期と価格は明らかにされていない。

 5月に発売されたFinePix F30に、顔検出機能とIrSimpleなどを新たに搭載したコンパクトデジタルカメラ。

 顔検出機能は9日に発売されたFinePix S6000fdと同様のもので、画面内の最大10の顔を検出し、顔にピントや露出を合わせる。また、再生時に検出した顔を自動的に拡大し、確認することができる。顔検出機能はデジタルミニラボ「フロンティア」シリーズが搭載するアルゴリズムをもとに開発された機能で、ハードウェア実装により検出からピントや露出設定を0.05秒でこなす。

 また、高速赤外線通信規格「IrSimple」に対応した。



 このほかの仕様はF30とほぼ同様。撮像素子は/1.7型の有効630万画素スーパーCCDハニカム HR VIで、最大記録解像度は2,848×2,136ピクセル。最大640×480ピクセル、30fpsのMotion JPEG動画も撮影できる。感度は最高ISO3200。

 レンズは35mm判換算で焦点距離36〜108mm相当のフジノン光学3倍ズーム。開放F値はF2.8〜5。最短撮影距離は通常撮影時が約60cm、マクロモード広角端が約5cm、望遠端が約30cm。

 2.5型約23万画素のTFT液晶モニター、xDピクチャーカードスロット、約26MBの内蔵メモリなどを搭載。被写体までの距離情報により内蔵ストロボの発光量を制御する「iフラッシュ」、プログラムAEのほかにシャッター速度優先/絞り優先の各AEを搭載するのもF30と同様。防水ケースもF30と共通のWP-FXF30を使用可能。

 電源はリチウムイオン充電池。本体サイズは92.7×27.8×56.7mm(幅×奥行き×高さ)、バッテリーとメモリカードを含まない重量は約155g。



URL
  富士フイルム グローバルサイト(英文)
  http://www.fujifilm.com/
  富士フイルム Photokina 2006(英文)
  http://www.fujifilm.com/photokina2006/
  ニュースリリース(英文、PDF)
  http://www.fujifilm.com/photokina2006/pdf/FinePix_S31fd_E.pdf
  製品情報(英文、PDF)
  http://www.fujifilm.com/photokina2006/pdf/FinePix_S31fd.pdf

関連記事
富士フイルム、顔検出機能搭載の「FinePix S6000fd」(2006/07/27)
富士フイルム、ISO3200で撮影できる「FinePix F30」(2006/03/16)


( 本誌:田中 真一郎 )
2006/09/25 21:20
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.