デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

富士フイルム、ISO3200で撮影できる「FinePix F30」

〜新しいスーパーCCDハニカムとエンジンを採用

 富士フイルムは、ISO3200での撮影が可能なコンパクトデジタルカメラ「FinePix F30」を5月下旬に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は5万円前後の見込み。

 1/1.7型の有効630万画素スーパーCCDハニカムと、高感度での撮影、大容量バッテリーなどを特徴とする「FinePix F」シリーズの最新モデル。海外では2月開幕の「PMA 2006」などで展示されていた。光学3倍ズームレンズ、xDピクチャーカードスロット、内蔵10MBメモリなどを採用する。



 これまでのFinePix Fシリーズと異なり、新開発の第6世代「スーパーCCDハニカムVI HR」(従来は同V HR)を搭載。あわせて、画像処理エンジン「リアルフォトエンジン」も「リアルフォトエンジンII」になった。

 また、ノイズを画像信号から分離して排除する「ダブルノイズリダクション方式」が進化。これらにより、ISO3200での高感度撮影時にも「ノイズを抑え解像度が高く、色再現に優れた画質を実現した」という。それに伴い、自動でISO3200と高速シャッターに設定する「ブレ軽減モード」が加わった。

 ストロボ関連では、自然な明るさの背景と白とびを抑えた撮影を行なうという「iフラッシュ」を新搭載した。撮影シーンを認識し、最適な発光量と感度に自動調整するもの。ただしISO感度オート時の望遠端におけるストロボ撮影可能距離がFinePix F11の4mから3.5mに減少している。また、2月発売の「FinePix V10」と同様、レリーズ1回でストロボ非発光とストロボ発光の写真を連続して記録する「高感度2枚撮り」機能を搭載する。

 液晶モニターのサイズは2.5型と前モデル「FinePix F11」から変わらない。ただし、画素数が約15万から約23万画素に向上。液晶表示のフレームレートは60fps。さらに、液晶テレビなどが採用するCVフィルムを採用し、映り込みや反射を抑えたとしている。

 レンズは35mm判換算で焦点距離36〜108mm相当のフジノン光学3倍ズーム。開放F値はF2.8〜5。最短撮影距離は通常撮影時が約60cm、マクロモード広角端が約5cm、望遠端が約30cm。各仕様はFinePix F11から変わらない。

 FinePix F11同様、露出制御としてプログラムAE、シャッター速度優先AE、絞り優先AEを選択可能。絞り値は10段階。また「ナチュラルフォト」、「人物」、「風景」、「スポーツ」といったシーンモードを継承し、さらに「花火」、「花の接写」、「水中」など9種類のモードを追加した。許容水深40mの専用防水プロテクタも5月下旬に発売する。価格は2万円。

 そのほかFinePix F11との違いは、記録メディアの容量上限まで連写し続ける「エンドレス連写」が加わったことと、起動時間がF11の約1.3秒から1.4秒になったことなど。また、背面に露出補正用のダイレクトボタンが新設されている。

 また、新たにAV出力、USB 2.0、電源の各端子を本体に備えることで、これまで同梱の「マルチコネクターアダプタ」を必要としていたPCやテレビとの接続が、カメラ単体で可能になった。

 電源はリチウムイオン充電池「NP-95」。FinePix F11の「NP-F120」とは異なるタイプ。撮影可能枚数はCIPA規格準拠で約500枚と増減はない。

 本体は、リアカバーにアルミ素材を使用したL字デザインのモノコックフォルム。本体サイズは92.7×27.8×56.7mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約155g(本体のみ)、約195g(電池、記録メディア込み)。本体重量はF11と変わらないが、電池込みで約5g軽くなっている。



URL
  富士フイルム
  http://www.fujifilm.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.fujifilm.co.jp/news_r/nrj1487.html
  製品情報
  http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixf30/

関連記事
【インタビュー】ISO3200を超える高感度にも挑戦したい(2006/03/02)
【PMA 2006】富士フイルム、FinePix F30とISO3200を支える技術を展示(2006/03/01)
英Fujifilmなど、ISO3200撮影が可能なコンパクト機「FinePix F30 Zoom」を発表(2006/02/14)
富士フイルム、シャッター優先/絞り優先AEが可能になった「FinePix F11」(2005/09/29)


( 本誌:折本 幸治 )
2006/03/16 15:06
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.