デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】
【 2016/05/18 】

富士フイルム、顔検出機能搭載の「FinePix S6000fd」

〜28-300mm相当の高倍率ズーム、最大ISO3200に対応

FinePix S6000fd
 富士フイルムは、顔検出機能を備えたレンズ一体型高倍率機「FinePix S6000fd」を9月上旬に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は59,800円前後の見込み。

 2005年9月発売の「FinePix S5200」の後継にあたる光学10.7倍ズーム機。撮像素子を1/2.5型有効512万画素から、「FinePix F30」と同じ1/1.7型有効630万画素に変更。さらに、今春から同社の製品が搭載する新機能「iフラッシュ」、「ブレ軽減モード」、「高感度2枚撮り」などを搭載する。記録メディアはxDピクチャーカード。13日からのイベント「イメージングエキスポチャイナ2006」でも展示された。

 同社初の顔検出機能となる「顔キレイナビ」を採用。デジタルミニラボ「フロンティア」シリーズが搭載するアルゴリズム「Image Intelligence」をもとに専用IC化したもので、最大10人までの顔を検出し、顔に合わせたフォーカスと露出を決定する。検出した顔は緑色、または白色のフレームで覆われ、緑色のフレームはフォーカスを合わせた顔を表す。機種名末尾の「fd」は、face detectionの略。




 顔検出機能をフォーカスに使用することで、記念撮影時の中抜けや、背景のイルミネーションにAFが合うなどの問題が解消するという。また、逆光時には日中シンクロを行なうかどうかの判断を顔検出の結果から判断する。

 同様の機能は他社でも試みているが、同社のシステムは「高速かつ誤検出がきわめて少ない」とし、「デジタルカメラで世界最速」という。同社の検出方法は、取り込んだ画像データから「人間の顔らしさのパターン」を探し、それらに優先順位をつける方式。ペットなど、人間以外の顔は対象に入らない。なお、シングルAFモードで動作し、コンティニュアスAFとの併用は不可能。

 顔検出機能から得られたデータは、記録画像に格納される。これを活かし、撮影後すぐに顔部分を拡大表示する設定も可能。また、再生モードでは、顔フレームを表示したまま再生できるほか、顔の方向に合わせて縦位置と横位置を検出し、再生表示を切り替える。また、スライドショーでは顔の位置に合わせた拡大を行ない、画面から顔が切れるのを防ぐという。これらの機能は、FinePix S6000fdで撮影した画像でのみ動作する。

 FinePix F30と同じスーパーCCDハニカムHRを搭載し、絵づくりもほぼ同じという。撮影感度は、AUTO、ISO100/200/400/800/1600/3200。最大記録解像度は2,848×2,136ピクセル。JPEGに加え、CCD-RAWでの記録も可能。最大640×480ピクセル、30fpsでの動画記録も行なえる。

 レンズは焦点距離28〜300mm相当(35mm判換算)、F2.8〜F4.9。38〜380mm相当、F3.2〜3.5だったFinePix S5200より、広角寄りかつ明るくなった。

 最短撮影距離は広角約40cm、望遠約2m。マクロモード時の撮影範囲は、広角端約10cm〜3m、望遠端約90cm〜3m。約1cmまで寄れるスーパーマクロモードも利用できる。

 ファインダーとして、0.33型11.5万画素低温ポリシリコンTFTのEVFを装備。スペック自体はS5200と変わらない。一方、液晶モニターは1.8型から2.5型にサイズアップした。液晶モニターの画素数は約23.5万画素。

 露出制御は、プログラムAE、シャッター優先AE、絞り優先AE、マニュアル。絞りはF2.8からF11までの1/3ステップ13段(F30は10段)。FinePix F30で省略された、撮影時のヒストグラム表示やエリア選択AF(49点)も可能になっている。

 電源は単三電池4本。アルカリ乾電池、ニッケル水素充電池をサポートする。CIPA規格基準の撮影枚数は、アルカリ乾電池約200枚、ニッケル水素充電池約400枚。本体サイズは130.7×119.5×97.2mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約570g(本体のみ)、約660g(付属乾電池、xDピクチャーカード含む)。10月1日付からの新ロゴデザインを採用している。



URL
  富士フイルム
  http://www.fujifilm.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0028.html?ref=rss
  製品情報
  http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixs6000fd/index.html?digital

関連記事
【イメージングエキスポチャイナ2006】
三社三様の大手メーカーブース(2006/07/13)

富士フイルム、有効512万画素の高感度高倍率ズーム機「FinePix S5200」(2005/07/28)


( 本誌:折本 幸治 )
2006/07/27 13:26
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.