デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】

キヤノン、IEEE 802.11b無線LAN機能を内蔵した「IXY DIGITAL WIRELESS」

〜PCからのリモート操作も可能、USB無線LANアダプタが付属

IXY DIGITAL WIRELESS
 キヤノンは、IEEE 802.11b準拠の無線LAN機能を内蔵したデジタルカメラ「IXY DIGITAL WIRELESS」を12月上旬に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は5万円前後の見込み。

 同社のコンパクトデジタルカメラとして初めて無線LAN機能を内蔵した製品。カメラ部の仕様は9月発売の「IXY DIGITAL 60」とほぼ同等で、本体側面を約13mm延長し、無線LANモジュールを搭載した。また、液晶モニターが約11.5万画素の2.5型から約11.8万画素の2型になっている。また、IXY DIGITAL 60にあった水中ハウジングが対応しないため、撮影モードから「水中」が省略されている。

 そのほかの仕様はIXY DIGITAL 60と共通。CCDは1/2.5型の有効約500万画素で、光学3倍ズームレンズ、USB 2.0インターフェイスなどを採用する。記録メディアはSDメモリーカード。

 無線LAN機能の搭載は、9月発売のニコン「COOLPIX P1」や、21日発売の同「COOLPIX P2」に続くもの。COOLPIX P1/P2がIEEE 802.11g/b規格を採用するのに対し、IXY DIGITAL WIRELESSはIEEE 802.11bのみとなる。

 また、IXY DIGITAL WIRELESSにはUSB無線LANアダプタ「WA-1」が標準で付属する。出荷時にカメラ本体とペアリング済みで、無線到達距離は約30m。

 無線LAN機能により、PictBridge対応ダイレクトプリンタとの無線接続をはじめ、PCへのファイル転送、カメラに対するPCからの遠隔操作などが行なえる。通信距離は見通し30m。


向かって左に無線LANモジュールを搭載 背面。液晶モニターは2型 手前が付属のワイヤレスアダプタ「WA-1」

 ダイレクトプリンタのUSB端子にWA-1を装着し、背面の「イージーダイレクトボタン」を押すことで接続が始まる。PictBridge対応のプリンタならダイレクトプリントが可能だが、基本的にACアダプタ「CA-DC20」を介した給電がアダプタ側に必要。ただし、同社のバッテリー駆動モデル「SELPHY CP710」や「同CP510」などではACアダプタが不要となる。

 ワイヤレスダイレクトプリントにかかる時間は、ディスカバリー(検出と接続作業)に約3〜10秒、画像転送約6秒(5M/Fineの場合)、プリント約54秒(CP600でL判プリント)。2枚目からはディスカバリーが省略される。

 PCへの転送やPCからの遠隔操作は、付属ソフト「ZoomBrowser EX」から行なう。対応OSはWindows XPのみ。来春にはMac OS X 10.4での利用も可能になるという。無線で接続する前にUSBでPCと接続し、接続先設定を行なう必要がある。接続先は最大8カ所まで登録可能。アドホック、インフラストラクチャモードともに対応する。

 PCへの無線転送時には、1枚ずつ全画面表示を行ないながら保存する。保存先はZoomBrowser EXで指定可能。メモリーカード内の撮影済み画像を一括して転送する機能のほか、撮影した画像を1枚ずつすぐに転送する機能も搭載している。その場合、撮影画像はメモリーカードに一旦記録され、その後PCへコピーが始まる。従って、無線接続時の撮影でもSDメモリーカードが必須となる。

 PCからカメラを遠隔操作する「ワイヤレスリモートキャプチャー」では、レリーズのほか、ISO感度、露出補正、ホワイトバランス、測光方式、画質モード、光学ズーム、ストロボON/OFF、AFフレーム選択、AF補助光、マクロ切替などを設定可能。同社では「猫の出産などを被写体に無用の緊張を与えずに撮影できる」としている。インターバル撮影も可能。


同梱品
 最大記録解像度は2,592×1,944ピクセルで、ISO感度はオート/50/100/200/400相当。最大640×480ピクセル、30fpsの動画記録も可能。

 非球面レンズ2枚を含む5群6枚構成の光学3倍ズームレンズを搭載。35mm判換算の焦点距離は35〜105mm、開放F値は2.8〜4.9。最短撮影距離は30cm。マクロモードでは広角端3cm、望遠端30cmからの撮影が可能。

 電源はリチウムイオン充電池のNB-4L。CIPA準拠の撮影可能枚数は約150枚。無線LAN動作時の消費電力は約3割増となる。また、PCからの遠隔操作時には液晶モニターをOFFすることもできる。

 本体サイズは99×21.7×54.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約130g(本体のみ)。無線LAN接続時には、無線LANモジュール部のLEDが青く発光する。

※初出時に外装を「樹脂製」としていましたが、実際にはIXY DIGITAL LシリーズやIXY DIGITAL 40と同様、マグネシウム合金が使われています。お詫びして訂正いたします。



URL
  キヤノン
  http://canon.jp/
  ニュースリリース
  http://cweb.canon.jp/newsrelease/2005-10/pr-ixydwireless.html?jp=ixydwireless

関連記事
ニコン、無線LAN通信機能内蔵の「COOLPIX P1」(2005/09/01)
キヤノン、「極光処理」採用の2.5型液晶モデル「IXY DIGITAL 60」(2005/08/23)


( 本誌:折本 幸治 )
2005/10/25 13:09
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.