デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

オリンパス、マイクロフォーサーズ試作モックアップを展示


会期:2008年9月23日〜9月28日
会場:ドイツ・ケルンメッセ



オリンパスブースに展示されたマイクロフォーサーズ機のモックアップ
 オリンパスはフォトキナ2008の会場において、マイクロフォーサーズシステム規格を採用するデジタル一眼カメラを参考出品すると発表。会場でモックアップを展示した。

 22日に発表した開発発表の製品。フォーサーズシステム規格の拡張規格「マイクロフォーサーズ」に対応したモデルで、同規格をともに共同発表したパナソニックの「LUMIX DMC-G1」に次ぐ製品化を目指す。発表資料には具体的な仕様や外観については触れられていないものの、フォトキナ2008の会場で、オリンパスは透明ケース内にモックアップを展示した。

 既存のEシステムと類似しない外観を持ち、ボディの高さはマイクロフォーサーズのマウント径をわずかに上回る程度。奥行きや横幅も今までのデジタル一眼レフカメラとは一線を画するコンパクトさとなっている。

 LUMIX DMC-G1と異なり、本体へのEVFの搭載はないものと見られる。本体のみで撮影する場合、背面液晶モニターのみでのフレーミングとなるのだろう。ボディ前面にグリップはなく、レンズ部以外はフラットな形状。革素材と思われるフラットな部材があしられており、幾分クラシカルなイメージとなっている。モードダイヤルにはダイヤカットのローレットが刻まれていた。





 背面のボタン類にはプリントなどがなく、現在のところ、割り当てられた機能は不明。ただ、同社のコンパクトデジタルカメラを思わせるボタンレイアウトとなっている。上面にはアクセサリーシューを備える。

 装着レンズはパンケーキスタイルで、説明員によると単焦点とのこと。

 そのほかオリンパスブースでは、マイクロフォーサーズ機とともに開発を発表したフォーサーズマウントの新型中型機を展示。新型中型機を含む詳細は、追って掲載する。



URL
  フォトキナ2008
  http://www.photokina-cologne.com/
  オリンパス
  http://www.olympus.co.jp/

関連記事
オリンパス、マイクロフォーサーズ対応機の開発を発表(2008/09/22)


( 本誌:折本 幸治 )
2008/09/23 18:22
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.