デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

【PIE2006】富士フイルム、ISO3200対応の「FinePix F30」を展示


フォトイメージングエキスポ2006(PIE2006)
会場:東京ビッグサイト
会期:3月23〜26日


 富士フイルムは、フォトイメージングエキスポ2006(PIE2006)において、5月発売予定の「FinePix F30」など新製品を展示している。

 例年通りイメージカラーの緑で統一された富士フイルムブース。FinePix F30のタッチトライアンドコーナーは、表通り沿いに設けられている。

 FinePix F30は、高感度撮影を特徴とするFinePix Fシリーズの最新機種。前モデル「FinePix F11」の最高感度ISO1600を超えるISO3200での撮影が可能になった。ISO3200はA、S、Mモードで設定可能。新しく加わった「ブレ軽減モード」でもISO3200まで自動的に増感する。

 ブレ軽減モードと従来のナチュラルフォトモードの違いは、どんな被写体照度でもストロボを発光しないナチュラルフォトモードに対し、ブレ軽減モードは最終的にストロボを発光すること。ブレ軽減モードはあくまでもシャッター速度を重視し、ISO3200でもスローシャッターだと判断すればストロボを発光させるという。

 また、操作系もFinePix F11から変更されている。これまでシャッター速度/絞り優先AEの2モードでは、十字ボタン下を押すことでシャッター速度、または絞りの設定メニューに入れた。露出補正は別メニューにあり、設定するには階層をたどる必要があった。


FinePix F30 来場者のF10との比較

Mモードで露出補正ボタンを押したところ

モードダイヤルのデザインが変わった AV出力とDC IN端子を本体に搭載。マルチコネクタが不要に

ISO400との実写比較も行なっていた

 F30からは、背面右下の露出補正ボタンを押すと、設定メニューが現われるようになった。ここで左右を選ぶとシャッター速度、または絞り値、上下で露出補正が行なえる。

 F11では別個の操作だったシャッター速度/絞り値と露出補正が同じメニューになったことで、操作性が向上。またM(マニュアル)などの場合、同ボタンからダイレクトに露出補正が可能。

 ブースではFinePix F10やFinePix F11といった従来機を持ち込んで比較する来場者が多く、同シリーズの人気のほどがうかがえる。特に液晶モニターの画質がよくなったとの意見が寄せられるという。また、具体的な発売時期をたずねる来場者も頻繁に見受けられた。

 コンパクトデジタルカメラでは、発売済みの3型液晶モニター搭載モデル「FinePix V10」も出品。内蔵ゲーム機能を液晶テレビで楽しむ展示ががユニーク。現行機種ではFinePix Z2、FinePix A500、FinePix S9000、FinePix S5000などを手にとることができる。

 デジタル一眼レフカメラは「FinePix S3 Pro」のみ。S3 Proで撮影した水中写真と、S3 Pro用のアンティス製水中ハウジングを展示するなど、いつもと趣の違う展示となった。もちろん展示機はすべてバッファ増設済みの「青バッチ」となっている。

 そのほか、インクジェットペーパー「画彩」シリーズの展示コーナー設け、現在のラインナップと出力見本を紹介。数に限りがあるものの、会場ではお試し版の手渡しも行なっている。


FinePix V10 V10のゲームお試しコーナー

FinePix S3 Proコーナー S3 Proを収納したNexusブランドの水中ハウジングも

「画彩」シリーズもアピールしていた


URL
  富士フイルム
  http://www.fujifilm.co.jp/
  PIE2006
  http://www.pie2006.jp/
  フォトイメージングエキスポ2006関連記事リンク集
  http://dc.watch.impress.co.jp/static/link/pie2006.htm

関連記事
富士フイルム、ISO3200で撮影できる「FinePix F30」(2006/03/16)


( 本誌:折本 幸治 )
2006/03/23 20:26
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.