デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】

ソニー、手ブレ補正向けの小型2軸ジャイロモジュール


GSU-350
 ソニーは、手ブレ補正機能などに利用できる容積0.06平方cmのジャイロモジュール「GSU-350」を開発し、8月上旬より出荷する。サンプル価格は5,250円。

 GSU-350は、1つのモジュール内に2個のジャイロセンサー(振動子)とアンプ、フィルタをパッケージングした2軸ジャイロモジュール。

 ジャイロセンサの近接配置は、機械的振動や電気的結合によりセンサー同士の干渉が起こるため、小型のモジュールに配置するのは困難とされていた。GSU-350では、干渉ノイズを取り除く信号処理回路を搭載することにより、1パッケージ化を実現したという。

 使用されている新開発のジャイロセンサは、MEMS(Micro Electro Mechanical System)技術よる微細加工と薄膜技術により圧電素子を形成し、小型化を図った。また、機械的振動をしやすいよう形状の最適化を図ったという。

 モジュールも同社従来品の1軸ジャイロセンサーを2個使うものと比較し、面積で5分の1、厚さで3分の1を実現した。従来品「GSU-307」の外形寸法8×15.2×4mm(幅×奥行き×高さ)に対し、GSU-350では7×7×1.3mm(同)と小型化を実現。感度性能は従来品と同等としている。

 また、1チップIC化することで、レギュレーターなどの共通回路部が1つにまとまり、1軸ジャイロ2個の従来品に比べ、約2割の低電流化を達成したという。動作電圧は2.7〜3.3V、消費電流は最大8mA。



URL
  ソニー
  http://www.sony.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/200507/05-036/

関連記事
手ブレ補正デジカメ普及で角速度センサーの出荷が増加(2005/01/26)
エプソン、ファイバーオプティクスEXPOで手ブレ補正向けジャイロセンサーを出品(2005/01/19)


( 本誌:青山 貴司 )
2005/07/14 14:58
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.