デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】

オリンパス、2005年度はデジカメ不振で118億円の赤字


 オリンパス株式会社は9日、2005年度(2004年4月1日〜2005年3月31日)決算を発表した。売上高は8,135億3,800万円(前期比28.4%増)、営業利益は231億5,300万円(前期比63.2%減)。純利益はマイナス118億2,700万円で赤字転落となった。

 デジタルカメラ事業を含む映像事業の売上高は2,776億8,500万円(前期比6.4%減)、営業利益はマイナス238億7,500万円。映像事業におけるデジタルカメラの実績は、売上高2,490億2,800万円(前期比2.1%減)。同社全事業におけるデジタルカメラ分野の構成比は30.6%で、分野単体での比較ではもっとも大きな割合を占めている。医療、ライフサイエンス、産業、情報通信といった他事業は好調だが、デジタルカメラ分野の不振を補えなかった。

 映像事業の売上、利益とも前期を下回った理由を、競争激化や、薄型/大型液晶の売れ筋製品の投入の遅れ、販売価格下落、原価率の大幅上昇としている。

 2006年度通期の見通しは、売上高1兆700億円(前期比31.5%増)、営業利益500億円(前期比116%増)、純利益230億円を予想。デジタルカメラ市場での生き残りを賭け、新製品の投入も見込むが、映像事業単体では110億円の営業損失となる見込み。



URL
  オリンパス
  http://www.olympus.co.jp/
  決算短信(PDF)
  http://www.olympus.co.jp/jp/corc/ir/brief/137pb.cfm

関連記事
オリンパス、デジカメ採算悪化で大幅減益(2004/11/08)


( 田中 真一郎 )
2005/05/09 19:40
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.