デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

ソニー、1,224万画素CMOSの中級デジタル一眼「α700」

〜3型液晶やデュアルスロットを搭載

α700とDT 16-105mm F3.5-5.6
 ソニーは、デジタル一眼レフカメラ「α700」と関連アクセサリーを、11月16日に発売する。価格はオープンプライスだが、ボディのみの店頭予想価格は18万円前後の見込み。

 レンズとのセットも11月16日にオープンプライスで発売される。同時発表されたレンズ「DT 16-105mm F3.5-5.6」とのセット「DT 16-105レンズキット DSLR-A700P」は、店頭予想価格23万円前後の見込み。

 「Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA」とのセット「カールツァイス DT 16-80レンズキット DSLR-A700Z」は、店頭予想価格27万円前後の見込み。こちらは1,000台の数量限定となる。

 同社製デジタル一眼レフカメラ「α」シリーズの第2弾。PMA07、フォトイメージングエキスポ2007に「フラッグシップモデル」とともに「ハイアマチュア向けモデル」としてモックアップが展示され、どちらかが年内に発売されると発表されていた。発表された製品の外観はモックアップとほぼ同様。

 ハイアマチュア向けモデルの呼び名のとおり、2006年7月に発売されたα100からのステップアップモデルとして位置づけられる。


カールツァイス DT 16-80レンズキット
DT 16-105レンズキット




(参考)PMA07で展示されたモックアップ。左がα700(ハイアマチュア向けモデル)。右はフルスペックモデル
(参考)2006年7月に発売されたα100

ボディ内手ブレ補正は効果が向上

 撮像素子は、「Exmore」(エクスモア)の愛称がつけられた有効1,224万画素のCMOSセンサー。サイズはいわゆるAPS-Cで、23.5×15.6mm。

 A/D変換器を画素の垂直列に配置した「オンチップ・カラムA/D変換」と、A/D変換の前後でノイズ低減処理を行なう「デュアルノイズリダクション」により、低ノイズを実現したとしている。

 α100に引き続き、イメージセンサーシフト式のボディ内手ブレ補正機構を備える。α100では補正効果を約2〜3.5段分としていたが、α700ではジャイロ出力フィルターの最適化などにより、2.5〜4段分に向上したとしている。また、帯電防止コーティングとイメージセンサーシフト駆動によるゴミ取り機能「アンチダスト機能」も装備する。


「Exmore」CMOSセンサー
ボディ内手ブレ補正機構

 JPEGでの最大記録解像度は4,272×2,848ピクセル、RAWでは4,288×2,856ピクセル。アスペクト比16:9での撮影モードも備えており、最大4,272×2,400ピクセルでの撮影が可能。

 感度はISO100〜3200。拡張設定でISO6400までの増感も可能。1/3段ステップで設定できる。

 連写性能は5枚/秒。RAWで18枚まで、JPEG/FINEではメモリカード容量いっぱいまでの連続撮影が可能。


画作り機能「クリエイティブスタイル」を採用

画像処理エンジン「BIONZ」
 AFは11の測距点を持つ。中央センサーは、F2.8対応の横センサーに2つの縦センサーを重ねたデュアルクロスセンサーを備える。AF速度はα100比で約1.7倍に向上したとしている。ボディ内蔵LEDによるAF補助光を備える。

 測光センサーは40分割ハニカムパターン。

 シャッターユニットは最高1/8,000秒。同調速度は手ブレ補正OFFで1/250秒、ONで1/200秒。耐久回数は約10万回。

 画像処理エンジンも引き続き「BIONZ」(ビオンズ)を名乗るが、新開発となっている。センサーから出力されたRAW画像にノイズ低減処理を行なう「RAWノイズリダクション」機能のほか、ダイナミックレンジ拡張機能「Dレンジオプティマイザー」を搭載。Dレンジオプティマイザーには、5段階でDレンジオプティマイザー効果を調整できる「アドバンスレベル設定」機能や、強/中/弱の効果をかけた画像を1度に生成する「アドバンスブラケット」機能を搭載する。

 また、新たに「クリエイティブスタイル」機能を採用。コントラスト、彩度、シャープネス、明度、ゾーン選択などのパラメーターをユーザーが設定し、好みの画作りを設定できるほか、スタンダード/ビビッド/風景などのパラメーターセットが14種類プリセットされる。


3型VGA液晶やUDMA対応CFスロットなどを装備

 ファインダーはペンタプリズム式で、視野率95%、倍率は0.9倍。アイポイントは約21mm。フォーカシングスクリーンはスフェリカルアキュートマット。接眼部にセンサーを備え、AFスタートや液晶モニターのON/OFFに活用される。

 液晶モニターは3型92.1万画素。本体に装備される表示デバイスはこの3型モニターのみで、カメラの設定パラメータなどもここに表示される。また、Fnボタンを押すことで、カーソルキーとダイヤルにより液晶モニター上でパラメータ設定を行なえる「クイックナビゲーション」が搭載された。

 また、26項目の設定値の組み合わせを3種類まで登録して切り替えができる「MR」ポジションが、モードダイヤルに追加されたほか、背面のカスタムボタンに14種の中から任意の機能を割り当てることもできる。

 記録媒体用に、CFスロットとメモリースティックデュオスロットを装備。CFスロットはUDMA対応で、Microdriveも使用可能。メモリースティックデュオスロットは、メモリースティックPROデュオ、メモリースティックPRO-HGデュオにも対応する。

 このほか16mmレンズをカバーする照射角を持つ、ガイドナンバー12のポップアップストロボを内蔵する。


CFとメモリースティックデュオのデュアルスロットを搭載
ストロボを内蔵する

軽量化に配慮したボディ

 ボディ外装(上面と前面)の材質はマグネシウム合金。シャーシーは高強度アルミ素材。よりユーザー層を広げるために軽量化にも配慮されており、重量は約690gとなっている。

 操作ボタンやメモリカードスロット、コネクタの蓋にはパッキンやシーリングを施し、防塵防滴にも配慮されている。

 インターフェイスとしてUSB 2.0、ビデオ出力、リモコン端子のほか、HDMI(Type C、ミニ端子)を用意。同社製TV「BRAVIA」でフォトモードを備えた機種に接続すると、自動的にTVがフォトモードに設定される。なお、BRAVIAのフォトモードの開発には、αシリーズの開発チームも関与しているという。

 電源はリチウムイオン充電池「NP-FM500H」。CIPA準拠の撮影可能枚数は約650枚。

 本体サイズは約141.7×79.7×104.8mm(幅×奥行き×高さ)。


縦位置グリップなども

縦位置グリップ「VG-C70AM」
 α700用に縦位置グリップ「VG-C70AM」が11月16日に発売される。価格は36,750円。縦位置用シャッターボタンの位置を下げてあるほか、本体同様のカーソルキーやダイヤルを装備することにより、本体使用時同様の操作感を実現したとしている。材質にマグネシウム合金を採用し、防塵防滴に配慮したシーリングが施される。グリップ内にはバッテリーを2個装着可能で、1つが消耗すると、もう1つに自動切換えされる。

 このほかα700専用に、液晶保護カバー(1,260円)、液晶保護シート(1,050円)、本革製ソフトキャリングケース(10,500円)が用意される。発売はすべて11月16日。


VG-C70AMを装着したα700

ソフトキャリングケース「LCS-AMLC2」


URL
  ソニー
  http://www.sony.co.jp/
  ニュースリリース(α700)
  http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200709/07-0906/
  ニュースリリース(α700カール ツァイスDT16-80レンズキット)
  http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200709/07-0906D/
  製品情報
  http://www.sony.jp/products/Consumer/dslr/products/body/DSLR-A700/index.html

関連記事
ソニー、APS-Cサイズの有効1,247万画素CMOS(2007/08/20)
【PMA07】ソニー、「α」最上位機とハイアマチュア向けモデルを参考出品(2007/03/09)
ソニー α100 関連記事リンク集(2006/06/07)


( 本誌:田中真一郎 )
2007/09/06 14:46
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.