デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

写真で見る キヤノン「EOS-1D Mark III」


EF 50mm F1.4 USMと580EX IIを装着したところ
 キヤノンが5月下旬に発売するプロ向けデジタル一眼レフカメラ「EOS-1D Mark III」の外観写真などをお伝えする。

 前モデルの「EOS-1D Mark II N」から、インターフェースなどを含め大きく進化した。外観のシルエットはほとんど同じだが、液晶モニターを2.5型から3型に大型化したことで、背面のボタンレイアウトを大幅に変更している。

 マルチコントローラーボタンの新設に加え、サブ電子ダイヤルは、「EOS 5D」や「EOS 30D」と同様の中央にSETボタンを設けたものになり、メニュー画面などの操作がしやすくなった。

 グリップやシャッターボタン位置などは、EOS-1D Mark II Nとほとんど同様。ペンタプリズム部にラインが入り、ややシャープな印象を受ける。

 同機の大きな特徴であるライブビューは、メニューでライブビューを選んでおけば、SETボタンを押すだけで瞬時に起動する。フォーカスはマニュアルのみとなるが、5倍または10倍の拡大表示ができ、ピントは合わせやすい。

 連写スピードは、EOS-1D Mark II Nの約8.5コマ/秒から約10コマ秒に。今回はEOS-1D Mark II Nと合わせて、連写時の音を録音したのでお聞きいただきたい。(下記のリンクをクリックすると、ダウンロードを開始します。ともにMP3形式、約10秒)

【EOS-1D Mark II N、約8.5コマ/秒】
【EOS-1D Mark III、約10コマ/秒】

 同時発表の外部ストロボ「580EX II」は、防塵防滴仕様になった。取り付けが従来のネジ式からレバー式になり、着脱は非常に容易になった。

*撮影した個体はβ機です。外観やメニュー画面などは製品版と異なる場合があります。


外観




レンズはEF 50mm F1.4 USM

マウント 撮像素子

上面左部 ホットシュー。580EX III使用時でも防塵防滴を図るため、カバーを設けた

上面表示パネル シャッターボタン周り

アイピースカバーを外したファインダー。視度調節はダイヤル式。右側には、アイピースシャッター用レバーを備える ファインダー内

SDHC/SDメモリーカードと、CFのダブルスロットを採用 マルチコントローラー(上)を搭載。サブ電子ダイヤル中央には設定(SET)ボタンを配置

左側面の端子カバーを開けたところ。左側上から、シンクロ、リモコン、ビデオ出力、USBの各端子。右側の拡張システム端子には、ワイヤレストランスミッター「WFT-E2」などを接続する 縦位置用シャッターボタン周り

メーカーロゴ。彫り込みになっている 機種名ロゴ。EOS-1D Mark II Nと同様


バッテリー室。EOS-1D Mark II Nにあったロック機構は、省略した EOS-1D Mark III用リチウムイオン充電池「LP-E4」(右)とEOS-1D Mark II N用のニッケル水素充電池「NP-E3」

580EX II


背面操作部 ストロボの取り付けはレバー式。取り付けと同時に、ゴムカバーがホットシューを覆う。取り外しは、ロックボタンを押しながらレバーを戻す。

バッテリー室。フタ部分にはゴムカバーを設けた

WFT-E2

ロックレバーも備える EOS-1D Mark IIIに装着したところ

メニュー画面






記録サイズでは、SmallRAWを選択できる バッテリー残量は1%単位で表示。劣化度もわかる

センサークリーニング設定 電源投入時には、EOS Kiss Digital Xと同様のクリーニング画面が出る

ISO感度を自動的にシフトするセイフティシフトも搭載 AFを調整できる「AFマイクロアジャストメント」を搭載。レンズごとの調整も可能

再生画面

1枚表示 1枚表示+画像サイズ

撮影情報表示 ヒストグラム表示

ライブビュー

ライブビューはSETボタンで実行する。格子線の表示も可能 5倍拡大表示。拡大位置は自由に移動できる

10倍表示 ライブビュー表示に、露出を反映するかを選択できる

EOS-1D Mark II N(右)との比較

前から見ると、ペンタ部にラインが入り、肩にかけてのカーブが変わった EOS-1D Mark II Nで左端にあったボタン列を廃した。液晶モニターの大きさが目を引く

グリップ部はほぼ同じに見える

左側ボタン群の操作がシンプルになった。ホットシューの色は黒から銀色に変更した


URL
  キヤノン
  http://canon.jp/
  ニュースリリース
  http://cweb.canon.jp/newsrelease/2007-02/pr-eos1dmk3.html
  製品情報
  http://cweb.canon.jp/camera/eosd/1dmk3/

関連記事
キヤノン、APS-Hサイズの1,010万画素CMOS搭載「EOS-1D Mark III」(2007/02/22)


( 本誌:武石 修 )
2007/02/27 15:03
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.