デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

シグマ、デジタル一眼レフ「SD14」の開発を表明

〜スペシャルサイト公開、Photokina 2006で正式発表

SD14のスペシャルサイト
 シグマは29日、デジタル一眼レフ「SD14」を開発中と表明した。また同日、SD14のスペシャルサイトを公開した。

 SD14は9月26日に開幕するPhotokina 2006と、スペシャルサイトで正式発表される。発売日、価格、スペックなどは公開されていない。

 2003年11月に発売された「SD10」の後継機と見られる製品。SD10はRGB全色を1つのピクセルで取り込むことができる「Foveonセンサー」を採用したレンズ交換式デジタル一眼レフで、センサーサイズはいわゆるAPS-Cで、有効画素数は343万画素。焦点距離はレンズ表記の約1.7倍となる。レンズマウントはシグマSAバヨネットマウント。

 SD14のスペシャルサイトでは、「あなたは、デジタルカメラが、すべての色を取り込んでいると、アタマから信じていませんか?」、「あなたは、本質的な革新ではなく、付加的な機能の進化を求めているのですか?」、「あなたは、どのカメラメーカーのRAWデータも、同じようなものだと思っていませんか?」などの文章が表示され、イメージセンサーと思われる画像や、ボディ外観の一部が表示される。





 2月に開催されたPMA 2006において同社の山木和人社長は「まず、Foveonセンサーを使うということは間違いありません」と述べていること、また、スペシャルサイトに「あなたは、デジタルカメラのセンサーは、1ピクセルで、1色取り込めれば十分なのだと認識していませんか?」、「世界初、三原色すべての色を捉えるダイレクトセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ」などの文章が表示されることから、引き続きFoveonセンサーが搭載されると推察される。

 また、スペシャルサイトで表示される外観からは、新たにストロボが内蔵されたこと、SD10と同じように左肩に電源とドライブモード切替を兼ねたダイヤルが装備されていることなどがわかる。

 前出のインタビューにおいて山木社長は、次期SDにサプライズが仕込まれているとも述べており、正式な発表が待たれる



URL
  シグマ
  http://www.sigma-photo.co.jp/
  SD14スペシャルサイト
  http://www.sigma-sd14.com/
  SD10の製品情報
  http://www.sigma-photo.co.jp/camera/digital/sd_10.htm

関連記事
【インタビュー】交換レンズの世界を手軽に楽しんでいただきたい(2006/03/03)


( 本誌:田中真一郎 )
2006/08/30 00:00
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.