デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

パナソニック、同社初のタフネスモデル「DMC-FT1」


LUMIX DMC-FT1(ソリッドシルバー)
 パナソニックは、防水・防塵・耐衝撃モデル「LUMIX DMC-FT1」を3月6日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は4万7,000円前後の見込み。

 LUMIXで初のタフネスモデル。IPX8等級の防水設計、JIS/IP5X相当の防塵設計、MIL-STD準拠の耐衝撃性能を持つ。防水性能は水深3mまで。1.5mからの耐落下衝撃性能も備える。

 レンズにはパナソニック初の屈曲光学系を採用。ライカ認証を得た「DC VARIO-ELMAR」を搭載する。非球面レンズ5枚6面、EDレンズ1枚を採用し、35mm判換算で焦点距離28〜128mm相当の4.6倍ズームを装備。開放F値は3.3〜5.9。光学式手ブレ補正機構も有する。


「個人認識」と「AVCHD Lite」に対応

 同時発表の「LUMIX DMC-FX40」、「LUMIX DMC-TZ7」、「LUMIX DMC-FX550」と同じく、顔認識を発展させた「個人認識」機能を搭載。特定の人物を認識し、名前、月齢/年齢などを登録できる。登録した個人には優先してピントを合わせるほか、液晶モニター上に検出した個人の名前を随時表示する。

 登録できる人物は6名まで。同じ人物を5回撮影すると、撮影者にとって重要な人物とカメラが判断し、登録をうながす画面が表示される。

 DMC-TZ7と同様、「AVCHD Lite」規格による720p動画記録が可能。AVCHDと異なり、720pに限定されているのが特徴で、今後ビエラやディーガでも再生が可能になるという。AVCHD Liteのほかに、Motion JPEGでの720p記録にも対応。動画記録中のズームも可能となっている。




 撮像素子には、有効1,210万画素の1/2.33型CCDを採用。最高感度は通常時ISO1600、高感度モード時ISO6400。追尾AFも利用可能。

 液晶モニターは2.7型23万ドット。記録メディアはSDHC/SDメモリーカード、MMC(静止画のみ)。40MBの内蔵メモリーも備える。本体にはmini HDMI端子も搭載。電源はリチウムイオン充電池で、電池寿命は340枚となっている。

 本体サイズは98.3×23×63.1mm、重量は約163g(本体のみ)。パナソニックのデジタルカメラとして、初めて被写体照射用のLEDを搭載している。

 カラーバリエーションは、ソリッドシルバー、サンライズオレンジ、フォリッジグリーン。直販サイト「パナセンス」でのみ、スプラッシュブルーを販売する。


LUMIX DMC-FT1(サンライズオレンジ) LUMIX DMC-FT1(フォリッジグリーン)


URL
  パナソニック
  http://panasonic.co.jp/
  製品情報
  http://panasonic.jp/dc/ft1/

関連記事
パナソニック、「個人認識」搭載機などLUMIXシリーズ7モデルを発表(2009/01/28)


( 本誌:折本幸治 )
2009/01/28 16:28
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.