デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/31 】
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】

カシオ、超高速連写カメラ第2弾「EX-FH20」


HIGH SPEED EXILIM EX-FH20
 カシオは、40コマ/秒の連写機能や1,000fpsでのハイスピードムービーを実現した「HIGH SPEED EXILIM EX-FH20」を9月19日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は8万円前後の見込み。

 カシオが3月に発売した「EXILIM PRO EX-F1」の下位モデル。EX-F1と同じく高速連写とハイスピードムービーを売りとする機種で、今回は「HIGH SPEED EXILIM」という新たなシリーズ名での展開となる。

 ただし撮像素子がEX-F1の1/1.8型有効600万画素から、1/2.3型有効910万画素に多画素化していることもあり、連写性能は60コマ/秒から40コマ/秒になった。また、ハイスピードムービーの最高フレームレートも、1,200fps(336×96ピクセル)から1,000fps(224×56ピクセル)になっている。HDムービーも1,920×1,080ピクセル・60フィールド/秒から、1,280×720ピクセル・30fpsにスペックが変化。フレームレートを可変させながらの記録にも対応しない。動画形式はH.264/AVCからMotion JPEGになった。

 その代わり、本体サイズはEX-F1より大幅に小型化している。容積で27%減、質量で28%減を達成したという。さらにレンズのズーム倍率を約12倍から約20倍に拡大し、焦点距離はEX-F1の約36〜432mm相当から、約26〜520mm相当となった。

 開放F値はF2.8〜4.5(EX-F1はF2.7〜4.8)。引き続き撮像素子シフト式の手ブレ補正機構を備える。スーパーマクロモードでの最短撮影距離は1cm。

 実売価格もEX-F1より安くなる見込みで、カシオでは「より幅広いユーザーに向けて開発した」と説明。撮影モードのダイヤルを1つに集約してシンプルな操作性にするなど、性格の異なる下位モデルとしてラインナップする。

 40コマ/秒での撮影は、画像サイズ700万画素相当(3,072×2,304ピクセル)で可能。800万画素相当(3,264×2,448ピクセル)では、約30コマ/秒となる。

 液晶モニターは3型約23万ドット(EX-F1は2.8型23万ドット)。0.2型20万ドットのEVFも備える。

 そのほか、高速連写した複数の画像を自動合成し、手ブレを補正する「ハイスピード手ブレ補正」を搭載。撮像素子シフト式の手ブレ補正と併用できる。手持ちでも美しい夜景が撮れる「ハイスピード夜景」も利用できる。EX-F1と同様、DNG形式によるRAW記録にも対応する。EX-F1ではファームウェアのアップデートで対応した「パストムービー」は、出荷時のまま利用可能。

 記録メディアはSDHC/SDメモリーカード、MMC、MMC plus。電源は単3電池4本。アルカリ乾電池、ニッケル水素充電池に対応する。CIPA規格準拠の撮影可能枚数は、それぞれ約230枚、約400枚。

 本体サイズは122.6×84.5×81.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約483g(電池・付属品を除く)。




【2008年9月16日】外観写真を追加しました。



URL
  カシオ
  http://www.casio.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.casio.co.jp/release/2008/ex-fh20.html

関連記事
カシオ、600万画素で60枚/秒の高速連写機「EXILIM PRO EX-F1」(2008/01/07)


( 本誌:折本幸治 )
2008/09/16 14:32
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.