デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】

カシオ、600万画素で60枚/秒の高速連写機「EXILIM PRO EX-F1」


 カシオ計算機は、60枚/秒の超高速連写が可能な高倍率ズーム機「EXILIM PRO EX-F1」を、3月下旬より発売する。価格はオープンプライスだが、店頭予想価格は13万円前後の見込み。

 高速CMOSセンサーと高速処理LSIにより、超高速連写とハイスピード動画撮影、フルハイビジョンでの動画撮影を可能にしたレンズ一体型デジタルカメラ。12倍のズームレンズを搭載する。

 フル解像度の2,816×2,112ピクセルで60枚/秒の連写が可能。連写速度は1〜60枚/秒の間で変更できる。連写可能枚数は60枚。また、シャッターを押す直前の画像を、60枚/秒で60枚まで記録できる「パスト連写」機能や、30枚/秒で2秒間撮影する「スローライブ撮影」機能を備える。

 ストロボ使用時は最高7枚/秒、20枚までの連写が可能。さらにLEDライトも備え、ライト使用時は10〜60枚/秒での連写が可能。

 動画は最大1,920×1,080ピクセルのフルハイビジョン動画を60fpsで撮影でき、HDMI端子を備える。1,280×720ピクセル/30fps、640×480ピクセル/30fpsでの動画撮影も可能。動画共有サイトへのアップロード用に「YouTube撮影モード」を備える。音声はステレオ記録が可能で、外部マイク端子を備える。

 さらに336×96ピクセル/1,200fps、432×192ピクセル/600fps、512×384ピクセル/300fpsでのハイスピード動画撮影機能を備える。動画の記録形式はMOV(H.264/AVC)。

【お詫びと訂正】記事初出時、「連写速度は1〜60秒/枚の間で変更できる」と記述しましたが、正しくは「連写速度は1〜60枚/秒の間で変更できる」です。お詫びして訂正させていただきます。




 撮像素子は有効600万画素の1/1.8型CMOSセンサー。JPEGのほか、DNG形式でのRAW記録が可能。感度はISO100〜1600。顔検出機能を搭載する。

 プログラムAEのほか、絞り優先AE/シャッター速度優先AE/マニュアル露出が可能。シャッター速度は絞り優先AE/オート撮影時は1〜1/2,000秒、シャッター速度優先AE/マニュアル露出時は60〜1/40,000秒。

 レンズは焦点距離約36〜432mm(35mm判換算)、F2.7〜4.6の光学12倍ズーム。非球面レンズを含む9群12枚で構成される。撮影可能距離はAF使用時は約40cm〜無限遠、MF時は約5cm〜無限遠、マクロモードでは広角端で約5〜50cm。

 液晶モニターは2.8型ワイドTFTで約23万画素。0.2型約20万画素のEVFも備える。

 記録メディアはSDHC/SDメモリーカード、MMC/MMC plus。内蔵メモリも備えるが、容量は未定。

 電源はリチウムイオン充電池。撮影可能枚数は未定。

 本体サイズは127.7×130.1×79.6mm(幅×奥行き×高さ)、電池と付属品を除く重量は約671g。



URL
  カシオ計算機
  http://www.casio.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.casio.co.jp/release/2008/ex_f1.html

関連記事
カシオの高速連写試作機を触ってみた(2007/09/18)


( 本誌:田中 真一郎 )
2008/01/07 15:58
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.