デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】
【 2016/05/18 】

富士フイルム、28mmからの5倍ズーム搭載「FinePix F100fd」

〜ワイドダイナミックレンジを実現、顔検出を強化

 富士フイルムは、コンパクトデジタルカメラ「FinePix F100fd」を、3月中旬に発売する。価格はオープンプライスだが、店頭予想価格は4万5,000円前後の見込み。

 2007年8月に発売された「FinePix F50fd」の後継機種。薄型FinePixの最上位機種となる。同時発表のFinePix S100FSとともに、FinePix誕生10周年記念モデルと位置づけられる。

 スーパーCCDハニカム HRの有効画素数は1,200万画素で、F50fdと同様だが、第8世代に進化。新開発の画像処理エンジン「リアルフォトエンジンIII」とともに、従来比4倍のワイドダイナミックレンジを実現し、輝度差の大きなシーンでも白トビを抑える。カメラが最適なダイナミックレンジを選択する「AUTO」のほか、ユーザーが100%、200%、400%のレンジ幅を設定できる。

 また、新開発のノイズリダクション機能を搭載し、フル画素での最高感度がISO1600からISO3200に向上。画素混合でも300万画素でISO12800での撮影が可能になった。

 引き続き同社独自の顔検出AF/AE/AWB機能「顔キレイナビ」を搭載するが、検出速度が最短0.036秒に向上し、世界最速としている。さらに検出範囲も広がり、横顔や斜め顔に加えて、上下逆向きの顔も検出できるようになった。




 撮像素子は1/1.6型の有効1,200万画素スーパーCCDハニカム VIII HR。最大記録画素数は4,000×3,000ピクセルで、記録形式はJPEG。また、最大640×480ピクセル、30fpsのモノラル音声付動画撮影が可能。記録形式はMotion JPEG(AVI)。感度はISO100〜3200。300万画素でISO6400〜12800での撮影も可能。

 レンズは35mm判換算焦点距離28〜140mm、F3.3〜5.1のフジノン5倍ズーム。CCDシフト式手ブレ補正機構を備える。撮影可能距離は広角端で約45cm〜無限遠、望遠端で約80cm〜無限遠。マクロモードでは、広角端で約5cm〜80cm、望遠端で約50cm〜1m。

 露出制御はプログラムAEとシーンモードのみ。液晶モニターは2.7型23万ドット。記録メディアは約57MBの内蔵メモリのほか、xDピクチャーカードとSDHC/SDメモリーカードが使用可能。

 電源はリチウムイオン充電池で、CIPA準拠の撮影可能枚数は約230枚。

 本体サイズは97.7×23.4×58.9mm(幅×奥行き×高さ)、充電池とメモリカードを含む重量は約190g。本体色はブラックとシルバーが用意される。また、オプションで許容水深40mの専用防水プロテクター「WP-FXF100」(2万6,250円)が発売される。



URL
  富士フイルム
  http://fujifilm.jp/
  ニュースリリース
  http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0178.html
  製品情報
  http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixf100fd/

関連記事
富士フイルム、手ブレ補正機能を備えた「FinePix F50fd」(2007/07/26)


( 本誌:田中 真一郎 )
2008/01/24 14:03
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.