デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】

パナソニック、1,220万画素の「LUMIX DMC-FX100」


LUMIX DMC-FX100(エスプリブラック)
 パナソニックは、光学式手ブレ補正搭載のコンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-FX100」を6月15日より発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は4万8,000円前後の見込み。

 同社が初めて男性をメインターゲットに開発したコンパクトデジタルカメラ。厚みのある奥行きや存在感のあるデザインを採用した。ボディカラーは、ブレードシルバー、ミラージュゴールド、エスプリブラックの3色から選べる。

 レンズはLeica DC Vario-Elmariteを採用した。35mm判換算28〜100mm、F2.8〜5.6の光学3.6倍ズーム。最短撮影距離は広角端で50cm、マクロモード時は広角端が5cm、望遠端が30cm。

 撮像素子は1/1.72型有効1,220万画素CCD。最大記録解像度は4,000×3,000ピクセル、3:2で4,000×2,672ピクセル、16:9で4,000×2,248ピクセル。最大1,280×720ピクセル、15fps QuickTime(Motion JPEG)での音声付動画の撮影も可能。


ブレードシルバー ミラージュゴールド

28〜100mm相当の光学3.6倍ズームを搭載する 液晶モニターは20.7万画素の2.5型TFTを搭載

ズームレバー右横にイージーズームボタン

 映像エンジンにヴィーナスエンジンIIIを採用。光学式手ブレ補正や被写体の動きを検出してISO感度を制御する「インテリジェントISO感度コントロール」を搭載する。また、新たに最大ISO6400で撮影できる「新・高感度モード」、画素数は約200万画素まで下がるが最速8枚/秒で撮影できる「高速写射モード」、ボタンを押すことで瞬時にレンズを望遠端までズーム、もう一度ボタンを押すと、EX光学ズームが作動してズーム7倍まで移動する「イージーズームボタン」などを搭載。なお、EX光学ズームとは撮像素子の中央部を使用して画質を劣化させずにズームできる機能。

 従来のFXシリーズには搭載されなかった、コントラストやシャープなどの調整機能(高/標準/低)やスポット測光なども追加された。

 また、再生メニューに「カテゴリ再生」を追加。これは撮影された画像をシーンモードなどの撮影情報ごとに分類して、選択した特定カテゴリの写真のみを再生できる機能。

 液晶モニターは、20.7万画素の2.5型TFT。記録メディアは、SDHC/SDメモリカードとMMC(静止画のみ)。内蔵メモリは約27MB。電源はリチウムイオン充電池。撮影可能枚数は320枚(CIPA準拠)。

 本体サイズは96.7×24.5×54mm(幅×奥行き×高さ)、本体のみの重量は約148g(本体のみ)、メモリカードとバッテリーを含む重量は約176g。



URL
  パナソニック
  http://panasonic.jp/
  製品情報
  http://panasonic.jp/dc/fx100/index.html
  ニュースリリース
  http://panasonic.jp/dc/rpt/fx100/whatnew.html

関連記事
【新製品レビュー】パナソニック LUMIX DMC-FX30(2007/04/03)


( 本誌:織原 博貴 )
2007/05/22 14:39
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.