デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

富士フイルム、FinePix F30/Z3の最新ファームウェア

〜撮影画像の表示問題やUSB認識速度を対策

 富士フイルムは4日、コンパクトデジタルカメラ「FinePix F30」と「FinePix Z3」の最新ファームウェアを公開した。バージョン番号は1.02。


FinePix F30 FinePix Z3

 新ファームウェアに更新することで、ある種のカメラ操作を行なうと、撮影画像が「カメラ側で表示できなくなる」、または「PCで正常に表示できない」という症状の発生を回避できる。

 症状が発生する具体的な操作は、xDピクチャーカードに撮影した画像をカメラ側で消去し、その後に画像を撮影、さらに電源をOFFにするというのもの。症状が必ず発生するものではないという。なお、カメラのファームウェアがVer.1.01の場合は対策済み。

 また、新ファームウェアを適用することで、PCとのUSB接続時に、PCがカメラを認識するまでの時間が短かくなる。例えば1,000枚のJPEGが記録されていた場合、約20秒から約2秒に短縮するという。

 ファームウェアの更新は、xDピクチャーカード経由、またはUSB経由で行なう。また、FinePixクイックリペアサービスをはじめ、各地のSSへの直接送付または持ち込みなどでも更新サービスを受け付けている。

 FinePix F30は、有効630万画素の1/1.7型スーパーCCDハニカムHRを撮像素子に採用するコンパクトデジタルカメラ。ISO3200での高感度撮影に対応する。光学3倍ズームレンズ、約23万画素の2.5型液晶モニターなどを搭載。CIPA規格基準の撮影可能枚数は約580枚。

 FinePix Z3は、奥行き20mm、重量約150gの薄型モデル。有効512万画素の1/2.5型スーパーCCDハニカムHR、屈曲光学系の光学3倍ズームレンズ、約23万画素の2.5型液晶モニターなどを採用する。CIPA規格基準の撮影可能枚数は約200枚。最高感度はISO1600。



URL
  富士フイルム
  http://fujifilm.jp/
  ダウンロードページ(FinePix F30)
  http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/download/finepix/finepixf30firmware/download001.html
  ダウンロードページ(FinePix Z3)
  http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/download/finepix/finepixz3firmware/download001.html
  製品情報(FinePix F30)
  http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixf30/
  製品情報(FinePix Z3)
  http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixz3/

関連記事
【新製品レビュー】富士フイルム FinePix Z3(2006/08/08)
【河田一規のデジカメナビ】富士フイルム FinePix F30(2006/06/09)


( 本誌:折本 幸治 )
2006/09/04 17:48
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.