デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

ソニー、手ブレ補正付き薄型モデル「サイバーショットDSC-T10」

〜最高感度がISO1000に、動画記録時の光学ズームに対応

 ソニーは、手ブレ補正付きの薄型コンパクトデジタルカメラ「サイバーショットDSC-T10」を25日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は4万円前後の見込み。本体色はシルバー、ブラック、ホワイト、ピンク。

 2005年11月発売の薄型機「DSC-T9」の後継機。CCDを1/2.5型有効600万画素から同720万画素に変更したほか、シーンモードに「高感度」を追加。最高感度をISO640からISO1000に引き上げるなど、4月発売の「DSC-T30」と同等の新機能が加わっている。

 例えば、DSC-T30と同じく「カラーモード」が選択可能になった。「標準」、「ビビッド」、「ナチュラル」、「セピア」、「モノトーン」の5モードが選択できる。

 また、動画機記録中に光学ズームが行なえるようになった。最大640×480ピクセル、30fpsでの動画記録に対応する。

 操作性関連では、設定時にアイコンの説明などを表示する「機能ガイド」(アイコン説明)を採り入れている。さらに、T9でメニューから選択する必要のあった「拡大鏡モード」が、露出補正ボタンの2度押しで起動するようになった。セルフタイマーも2秒と10秒から選択可能になっている。

 外観では、スライド式レンズカバーのデザインを中心に変更。レンズカバーにヘアライン加工のアルミを、ボディにステンレス素材を採用する。SONYロゴはダイヤカット。また、新カラーのホワイトとピンクでは、ステンレスのくすんだ色を隠すため、下地に白を入れてから色をかける「2コート処理」を行なっている。




 上記以外の主な仕様はDSC-T9と同等。最大記録解像度は3,072×2,304ピクセル。1,920×1,080ピクセルで16:9の画像を撮影することもできる。レンズはCarl Zeiss Vario-Tesser。引き続き、光学式手ブレ補正機構を備える。

 35mm判相当の焦点距離は38〜114mm、開放F値はF3.5〜4.3。最短撮影距離は50cm、マクロ広角端が8cm、マクロ望遠端が25cm。拡大鏡モードは広角端1〜20cmの近接撮影が可能。

 記録メディアはメモリースティックデュオ/PROデュオ。本体内に約56MBの内蔵メモリを搭載する。バッテリ―はリチウムイオン充電池で、DSC-T9から撮影可能枚数が約240枚から約250枚に増加した(ともにCIPA規格準拠値)。

 本体サイズはDSC-T9と同寸の89.7×20.6×54.9mm(幅×奥行き×高さ)。電池、記録媒体、ストラップを含む重量は約165g。DSC-T9から約6g増加した。なお、付属ソフトが「Picture Package」から、新ソフトの「Picture Motion Browser」になっている。



お問い合わせ先
  お客様ご相談センター
  Tel.0570-00-3311
  Tel.03-5448-3311
 


URL
  ソニー
  http://www.sony.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200608/06-0802/
  製品情報
  http://www.sony.jp/products/Consumer/DSC/DSC-T10/

関連記事
ソニー、手ブレ補正と3型液晶の薄型機「サイバーショット DSC-T30」(2006/04/06)
ソニー、高感度+手ブレ補正搭載「サイバーショットDSC-T9」(2005/11/01)


( 本誌:折本 幸治 )
2006/08/02 15:00
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.