デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

富士フイルム、ハニカムCCD搭載で2万円の「FinePix A500」


 富士写真フィルム株式会社は、コンパクトデジタルカメラ「FinePix A500」を2月下旬より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2万円前後の見込み。

 4日に米国で発表された低価格デジタルカメラを国内発表したもの。撮像素子に、有効512万画素、1/2.5型スーパーCCDハニカムV HR(原色フィルター)を採用しながら価格を抑えた。

 レンズは、35mm判換算で38mm〜114mm相当のフジノン光学式3倍ズームレンズ。開放F値はF3.3〜F5.5、最小絞りはF8.5。撮影距離は標準時が60cm〜無限遠、マクロ時が10cm〜80cm。

 最大記録画素数は2,592×1,944ピクセル。感度はISO100/200/400。320×240または160×120ピクセル、10fpsでの動画撮影も可能(音声無し)。記録形式はMotion JPEG。

 実像式光学ズームファインダー(視野率75%)を備え、液晶モニターは1.8型低温ポリシリコンTFTカラー液晶(7.7万画素、視野率94%)を搭載。記録メディアはxDピクチャーカードで、本体に約12MBのメモリも内蔵する。ストロボも内蔵。

 電源は単三乾電池×2(アルカリ/ニッケル水素)で、CIPA規格での撮影枚数は、アルカリ乾電池使用時が約100枚、ニッケル水素電池使用時が約400枚。

 本体サイズは93×27.5×60mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約174g(撮影時)。




URL
  富士フイルム
  http://www.fujifilm.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.fujifilm.co.jp/news_r/nrj1462.html

関連記事
米Fujifilm、スーパーCCDハニカムHR搭載で150ドルを切るデジタルカメラ(2006/01/05)


( PC Watch:清宮 信志 )
2006/01/26 14:23
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.