デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

ペンタックス、CCDシフト手ブレ補正を搭載したコンパクト「Optio A10」国内発表


 ペンタックスは、手ブレ補正機構を搭載した有効800万画素のコンパクトデジタルカメラ「Optio A10」を、3月上旬より発売する。価格はオープンプライスだが、店頭予想価格は5万円前後の見込み。

 米国で3日(現地時間)に発表済みの機種を、国内正式発表したもの。同社独自のCCDシフト式手ブレ補正機構「SR(Shake Reduction)」を搭載する。SRは2つのジャイロセンサーで手ブレを検出し、手ブレの度合いとレンズのズーム位置や焦点距離情報をもとに、専用CPUで補正値を演算、CCDを上下左右に動かすことで手ブレを補正する。

 撮像素子は1/1.8型の有効800万画素CCD。最大記録解像度は3,264×2,448ピクセル。記録形式はJPEG。

 標準ではISO50〜400の感度で撮影が可能だが、「キャンドルライトモード」でISO800での撮影が可能。ただし、キャンドルライトモードでは記録画素数が2,304×1,728ピクセルとなる。

 最大640×480ピクセル、約30fpsの音声付動画も撮影可能。記録形式はMPEG-4準拠のDivX。動画撮影時にも手ブレ補正が可能となっている。




 プログラムAEのほか、夜景、風景、花など15種の撮影モードを搭載。「オートピクチャー」モードを選択すると、ポートレート、風景、夜景、標準のモードから最適なモードを自動設定する。なお、新型ASICを搭載することで画像処理性能を強化したとしている。

 レンズは35mm判換算焦点距離38〜114mm、開放F値F2.8〜5.4のsmc PENTAXズームレンズ。両面非球面レンズ3枚を含む5群7枚で構成される。通常時の撮影可能距離は35cm〜無限遠。マクロモードでは12〜40cm、スーパーマクロモードでは6〜15cm。

 AF測距点は5点。自動追尾機能も搭載する。

 記録媒体は約24MBの内蔵メモリまたはSDメモリーカード。2.5型約23.2万画素のTFT液晶モニターを搭載する。光学ファインダーは搭載しない。PCとの接続はUSB 2.0。

 本体サイズは88.5×23×54.5mm(幅×奥行き×高さ)、電池とSDメモリーカードを含む重量は145g。



お問い合わせ先
  お客様相談センター
  Tel.0570-001-313
  Tel.03-3960-3200
 


URL
  ペンタックス
  http://www.pentax.co.jp/

関連記事
米Pentax、CCDシフト式手ブレ補正搭載コンパクト「Optio A10」(2006/01/05)


( 本誌:田中 真一郎 )
2006/01/26 13:06
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.