デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

米Pentax、CCDシフト式手ブレ補正搭載コンパクト「Optio A10」

〜単三電池モデル「Optio E10」も

Optio A10
 米Pentax Imagingは3日(現地時間)、CCDシフト方式の手ブレ補正機構を採用したコンパクトデジタルカメラ「Optio A10」を発表した。米国での発売時期は2月。価格は350ドル。同時に、200ドルの「Optio E10」も米国で発売する。国内での発表は未定。

 ともに、5日から米ラスベガスで開幕する「2006 Ineternational CES 」での新製品。Optio A10は、1/1.8型の有効800万画素CCD、光学3倍ズームレンズ、23.2万画素の2.5型液晶モニターなどを採用するOptioシリーズのフラッグシップモデル。同社初のCCDシフト方式手ブレ補正機構を搭載する。記録メディアはSDメモリーカード。24MBの内蔵メモリも利用できる。

 A10が採用する手ブレ補正機構は、2個のジャイロセンサーが検知したブレ量を専用CPUで演算、CCDの位置を調整するもの。同社の資料では「Shake Reduction system(CCD-shift)」と表現している。


背面 上面 左側面

 レンズは35mm判の焦点距離37.5〜112.5mm相当の光学3倍ズーム。開放F値はF2.8〜5.4。最短撮影距離は0.35m、マクロモードで0.12m。Optio S6で省かれたスーパーマクロモード(最短0.06m)も搭載する。

 最大記録解像度は3,264×2,448ピクセル。感度はISO50/100/200/400で、「Candle Mode」のみISO800まで増感できる。ただし記録解像度は2,048×1,536ピクセルになる。

 そのほか、Optio S6と同じくMPEG-4 DivXを採用。電源はリチウムイオン充電池で、CIPA規格基準で150枚の撮影が可能。本体にはPictBridge対応のUSB端子を備える。本体サイズは88.5×23×54.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量は125g(本体のみ)、145g(記録メディア、電池込み)。


 下位モデルのOptio E10は、単三電池対応の低価格モデル。有効600万画素CCD、光学3倍ズームレンズ、2.4型液晶モニター、SDメモリーカードなどを採用する。内蔵メモリは10MB。

 レンズは35〜114mm(35mm判換算)、F2.8〜4.8。動画はMotion JPEGのAVIで、フレームレートは20fpsまで。本体サイズは87×32×60mm(幅×奥行き×高さ)、重量は130g(本体のみ)、180g(SDメモリーカード、電池込み)。


Optio E10 背面 上面

【1月9日】Optio A10の背面写真を差し替えました。



URL
  Pentax(英文)
  http://www.pentaximaging.com/
  ニュースリリース(英文)
  http://www.pentaximaging.com/footer/news_media_article?ArticleId=7315368
  製品情報(Optio A10、英文)
  http://www.pentaximaging.com/products/product_details/digital_camera--Optio_A10
  製品情報(Optio E10、英文)
  http://www.pentaximaging.com/products/product_details/digital_camera--Optio_E10


( 本誌:折本 幸治 )
2006/01/05 15:47
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.