デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/31 】
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】

ソニー、単三電池駆動のサイバーショット2機種


DSC-W7
 ソニーは、単三電池2本で駆動できるサイバーショットシリーズのデジタルカメラ「DSC-W7」と「DSC-W5」を発表した。価格はオープンプライス。

 DSC-W7は720万画素で3月18日発売、店頭予想価格は53,000円。DSC-W5は510万画素で3月11日発売、店頭予想価格は42,000円前後。

 乾電池駆動と内蔵メモリ、スタンダードタイプのメモリースティックを特徴とする。スクエアなデザインを備えた中級機で、国内市場だけではなく、海外市場が主力になる製品と思われる。米国で開催中のPMAでも、すでに展示されている。


DSC-W5シルバー DSC-W5ブラック

 ソニー独自の画像処理システム「リアル・イメージング・プロセッサー」の省電力化により、撮影可能枚数がDSC-W1比で、約24%向上した。DSC-W7の場合、付属のニッケル水素充電池使用時で約380枚、アルカリ乾電池で約70枚撮影できる。ニッケルマンガン乾電池も使用可能。
 
 撮像画素は1/1.8型のSuper HAD CCD。記録メディアはメモリースティック/メモリースティックPROでHi-Speed型にも対応する。アダプタの併用によりメモリースティックDuoも使用可能で、本体内にも32MBのメモリを内蔵する。


DSC-W7の背面
 液晶モニターは2.5型11.5万画素で、ノングレア処理と映り込み防止のLRコートにより、屋外での視認性が向上した。光学ファインダーも備える。起動時間は約1.3秒。

 レンズはカールツァイス「バリオ・テッサー」。光学3倍で、35mm換算の焦点距離は38〜114mm。口径はF2.8-5.2。最短撮影距離はマクロモードのワイド端で6cm、テレ端で30cm。

 DSC-W5の静止画記録サイズは、640×480/1,280×960/2,048×1,536/2,592×1,944ドットで、DSC-W7ではこれに3,072×2,304ドットが加わる。3:2モード時の記録サイズはDSC-W5が3,072×2,048ドット、DSC-W7が2,592×1,728ドット。

 動画フォーマットはMPEG-1。640×480ドット30fps/640×480ドット約16.6fps/160×112ドット約8.3fpsの3モードが用意される。

 本体サイズは91×37.1×60mm(幅×奥行き×高さ)。重量は本体のみで約197g、撮影時で約253g。PCとのインターフェイスはUSB 2.0。



お問い合わせ先
  お客様ご相談センター
  Tel.0570-00-3311
  Tel.03-5448-3311


URL
  ソニー
  http://www.sony.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200502/05-0223/
  製品情報
  http://www.sony.jp/products/Consumer/DSC/DSC-W5_7/

関連記事
米Sony、510万画素の「Cyber-shot DSC-W5」(2005/01/27)
【PMA 2005】米Sony、前日イベントで手ブレ補正付き高倍率ズームなどを発表(2005/02/21)


( 伊達 浩二 )
2005/02/23 15:57
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.