デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

エツミ、レンズキャップ一体型ホワイトバランスセッター


baLens(レンズ本体は別売)
 エツミは、米BRNOのホワイトバランサー「baLens」を12月上旬に発売する。

 対応フィルター径、価格、発売時期は下の通り。

 
フィルター径 型番 価格 発売時期
52mm BR-7537 7,203円 12月上旬
55mm BR-7538
58mm BR-7539 8,610円
62mm BR-7540
67mm BR-7541
72mm BR-7542 9,975円
77mm BR-7543


 デジタル一眼レフカメラで、適正なホワイトバランスを得るためのアクセサリー。カメラのオートホワイトバランスでは対応が難しい人工光や、ミックス光などで正確な色再現が可能という。レンズキャップと一体の構造を採用しており、従来品のようにフィルター枠にねじ込むなどの必要がない。また、レンズフードを装着した状態でも取り外しが可能。

 baLensを装着して撮影すると、中央のみ白い画像になるが、カスタムホワイトバランスを採る上で問題はないとしている。なお、一部の標準および広角系レンズや、魚眼レンズなど前玉が突出しているレンズには使用できない。ただし、前玉の突出があっても、保護フィルターを装着できるレンズであれば、その上からbaLensを使用できる。

 baLens中央の光球(フィルター)は、撮影目的に応じて交換可能。標準タイプの「ニュートラル」と暖かみのある色調になる「ウォーム」が付属する。


撮影サンプル。左からそれぞれオートホワイトバランス、ニュートラルフィルターを装着したbaLens、ゴッセン3Fカラーメーターで計測して撮影したもの。光源はいずれもタングステンライト

 定常光の場合、baLensを装着して光源にカメラを向けて撮影し、カスタムホワイトバランスを取得する。また、被写体の場所からカメラのポジションに向けてカスタムホワイトバランスを取得すると、より正確なホワイトバランスを得ることができる。

 ストロボ撮影でも使用可能。リモートストロボやワイヤレスストロボを使用し、被写体の場所からストロボ発光位置に向けてカスタムホワイトバランスを取ることで、最も良い結果が得られるとしている。

 なお、内蔵ストロボや、ホットシューに取付けたクリップオンストロボなど光源に向けてホワイトバランスを取得できない場合は、撮影地点から被写体に向けたり、白色の壁にストロボ光を反射せせることで使用可能。ただし、この場合色カブリが残ることがあるという。



URL
  エツミ
  http://www.etsumi.co.jp/
  製品情報
  http://www.etsumi.co.jp/catalogue/catalogue.cgi?id1=3&id2=35&id3=351

関連記事
会場で見つけたアクセサリー編(2008/09/29)


( 本誌:武石 修 )
2008/11/28 14:58
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.