デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

ソニー、写真編集向けの「VAIO type R」フォトエディション


VAIO type R
 ソニーは、デスクトップPC「VAIO type R」新タイプのひとつに、写真編集向けの「フォトエディション」(VGC-RT50)をラインナップする。発売は9月20日。価格はオープンプライス。店頭予想価格は35万円前後。

 歴代VAIOでハイパフォーマンスを売りとしてきた、R系列の新モデル。3ピース構成だった前モデルの「type R master」から一転、液晶一体型となった。また、性能別のラインナップを廃止し、今回は写真編集用の「フォトエディション」と、ビデオ編集向けの「ビデオエディション」(VGC-RT70D、11月上旬発売、実勢40万円前後)の2製品での展開となる。ここではフォトエディションを中心にお伝えしたい。

 フォトエディションとビデオエディションの主な違いは、HDD(フォトエディションが320GB×2、ビデオエディションが500GB×2)、地上デジタルチューナーの有無(ビデオエディションのみ搭載)。同時発表のノートPC「VAIO type A」(VGN-AWシリーズ)と異なり、どちらのエディションでも 液晶ディスプレイは共通している。

 CPUはCore 2 Quad Q9400。メインメモリーは標準4GB、最大8GB。BD-RE/Rドライブも備える。

 本体に25.5型ワイド液晶をはじめとしたコンポーネントを一体化。ただし、メインメモリーを4スロット、HDDベイを2基内蔵するなど、拡張性にも配慮したという。

 液晶ディスプレイは25.5型の1,920×1,200ピクセル。A3サイズを実寸表示できる。Adobe RGBカバー率は96%。HDMIの入力にも対応し、ゲーム機やチューナーなどの機器をつないでHDMI表示ディスプレイとして利用できる。PCの電源がオフでも使用可能。パネル表面にはアンチグレア処理を施した。


フォトエディション(VGC-RT50)には専用ディスプレイフードが付属する
 添付ソフトは、「Photoshop Lightroom 2」、「Photoshop Elements 6」など。Lightroom 2には、デジタル一眼レフカメラ「α」シリーズ専用のプリセットが組み込まれている。また、エプソンのプリンタープラグインも付属する。

 本体にCF、SDHC/SD系、メモリースティック系の各スロットを装備。CFスロットはUDMAに対応し、UDMA対応CFの高速転送に対応する。ExpressCard/34スロットも備える。

 アプリケーション単位でカラーモードが切り替る専用ユーティリティを搭載。アプリケーションウィンドウがアクティブになるたびに、カラーモードが切り替り、自動でディスプレイの色調が変化する。

 インターフェイスは、USB 2.0×5、IEEE 1394(4ピン)×1、Ethernet(1000BASE-T)×1、HDMI入力×1、HDMI出力×1、eSATA×1など。

 本体は-5〜+15度の傾斜角、-45〜+45度の回転角、0〜60mmの高さ調整が可能。左右にラインリニアドライブによるスピーカー、背面にサブウーファーを備える。キーボードとマウスはワイヤレス。キーボードは非使用時、本体下部に収納できる。

 本体サイズは661.8×235.5×439.3mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約18.8kg。


VAIO type Rビデオエディション(VGC-RT70D)

 なおビデオエディションには、地上デジタルチューナー×2や、ハードウェアAVCトランスコーダーを内蔵。ディスプレイフードではなく、動画編集用のジョグコントローラーが付属する。発売は11月上旬。価格はオープンプライス。店頭予想価格は40万円前後。

 フォト、ビデオの両エディションとも、ほかのVAIOと同じく、ソニースタイルでのBTOに対応する。HDDの2基積みやRAID 0/1/なしといった選択が可能。



URL
  ソニー
  http://www.sony.co.jp/

関連記事
ソニー、α対応Lightroomをプリインストールした「VAIO type R master」夏モデル(2008/05/07)


( 本誌:折本 幸治 )
2008/09/09 15:02
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.