デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

ソニー、α対応Lightroomをプリインストールした「VAIO type R master」夏モデル


VGC-RM95
 ソニーは、映像編集機能を強化したデスクトップPC「VAIO type R master」の最新モデル6機種を、5月17日に発売する。

 価格はオープンプライスだが、店頭予想価格は「VGC-RM75UDL4」が56万円前後、「VGC-RM55DL9」が40万円前後、「VGC-RM55D」が34万円前後の見込み。

 クアッドコアCPUやRAID構成のHDD、大型ワイド液晶ディスプレイを備え、映像処理ソフトが同梱されたハイスペックデスクトップPC。CPUやHDDを搭載したメインユニットと、Blu-ray Discドライブや各種インターフェイスを備えたアクセスユニットの、2つの筐体で構成される。

 RM75UDL4には、アドビシステムズの写真家向けソフト「Photoshop Lightroom」が同梱される。Lightroomにはデジタル一眼レフカメラ「α」シリーズの絵作りに近いRAW現像ができるパラメータプリセットが用意される。

 このほかRM75UDL4にはPhotoshp Elements 6とPremiere Pro CS3が、RM55DL9/DにはPhotoshp Elements 6とPremiere Elements 4が同梱される。

 「VGC-RM75UDL4」はCore 2 Quad Q9450(2.66GHz)、メモリ3GB、HDD 1TB(500GB×2)、ビデオカードにNVIDIA GeForce 8600GTS、24型WUXGA(1,920×1,200ドット)液晶ディスプレイを備える。OSはWindows Vista Ultimate SP1。

 「VGC-RM55DL9」はCore 2 Quad Q9300(2.5GHz)、メモリ2GB、HDD 640GB(320GB×2)、ビデオカードにNVIDIA GeForce 8500GT、19型WXGA+(1,440×900ドット)液晶ディスプレイを備える。OSはWindows Vista Home Premium SP1。

 「VGC-RM55D」はRM55DL9からディスプレイを除いたモデル。

 3機種ともCF、SDHC/SDメモリーカード、メモリースティック/PRO、xDピクチャーカード、スマートメディアに対応したメモリカードスロット、ExpressCardスロット、PCカードスロット、Blu-ray Discドライブ、地上デジタル/BSデジタル/110度CS/アナログチューナー、USB×12、IEEE1394×3、Ethernet、SATA、Bluetooth、FeliCaポート付きキーボードなどを備える。

 本体サイズはメインユニットが約430×441×140mm(幅×奥行き×高さ)、アクセスユニットが約430×291×64mm(同)、重量はメインユニットが約15kg、アクセスユニットが約5.5kg。

 同社直販サイト「ソニースタイル」では、ハードウェア構成を選択できる「OWNER MADEモデル」が販売される。価格は「VGC-RM95CUS」が31万2,800円〜、「VGC-RM95US」が16万3,800円〜、「VGC-RM95S」が11万6,800円〜。価格はハードウェア構成により変動する。



URL
  ソニー
  http://www.sony.co.jp/
  製品情報
  http://www.vaio.sony.co.jp/Products/RM6/

関連記事
ソニー、LightroomとElementsを搭載したデスクトップPC「VAIO type R master」(2007/09/03)


( 本誌:田中 真一郎 )
2008/05/07 15:02
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.