デジカメ Watch
最新ニュース
【 2014/04/25 】
【 2014/04/24 】
【 2014/04/23 】
【 2014/04/22 】
【 2014/04/21 】

ニコン、新ソフト「ViewNX」と「Nikon Transfer」を公開

〜PictureProjectからの移行ツールも

ViewNX
 ニコンは11日、PC用の新ソフト「ViewNX」、「Nikon Transfer」、「PictureProject Export Utility」を公開した。いずれも同社サイトから無償でダウンロードできる。

 いずれも対応OSはWindows 2000/XP/Vista(32bit版)、Mac OS X 10.3.9/10.4.10。

 なお、これらのユーティリティは11月発売のデジタル一眼レフカメラ「D3」、「D300」に同梱され、以後、同社デジタル一眼の標準同梱ソフトとなる予定。また、コンパクトデジカメのCOOLPIXシリーズの新製品に関してはNikon Transferのみ同梱され、そのほかに米Kodakの画像ビューアー「EasyShare」が付属する。

 ViewNXはサムネール形式で画像を管理するソフトウェア。画像の回転やサイズ変更が可能な簡易編集機能、簡易RAW現像機能、印刷機能、メール送信機能、XMP/IPTCタグの編集機能などを備える。ラベルやレーティング、キーワードの設定はXMPに準拠する。画像はサムネール以外にイメージビューアーや全画面での表示が可能なほか、画像内のフォーカスエリア、ヒストグラム、白トビ、黒ツブレの表示も可能。スライドショー表示もできる。

 また、D3/D300で新たに採用される絵作り調整機能「Picture Control」に対応した「Picture Control Utility」が同梱されており、ピクチャーコントロールのパラメーターを調整して、カメラに転送することもできる。


ViewNXのイメージビューアー表示。フォーカスエリア表示や簡易RAW現像も行なえる Picture Control Utility

 Nikon Transferは、カメラやメモリカードからPCに画像を転送するユーティリティ。転送時に任意のXMP/IPTCタグを埋め込んだり、ファイル名を変更するなどの処理を行なえる。また2つのフォルダに同じ画像を同時に転送して、バックアップを作成することもできる。


Nikon Transfer

 PictureProject Export Utilityは、従来同社製デジカメに同梱されてきた「PictureProject」に登録された画像を、ViewNXやOS標準の画像管理ソフトに移行するためのツール。操作はウィザード形式で行なう。

 PictureProjectで編集した画像を保存し、アルバム情報をIPTCタグに変換し、登録されていた画像のフォルダを、HTML形式で出力することもできる。



URL
  ニコン
  http://www.nikon.co.jp/
  ViewNX
  http://www.nikon-image.com/jpn/support/downloads/digitalcamera/software/viewnx.htm
  Nikon Transfer
  http://www.nikon-image.com/jpn/support/downloads/digitalcamera/software/nktransfer.htm
  PictureProject Export Utility
  http://www.nikon-image.com/jpn/support/downloads/digitalcamera/software/p2.htm

関連記事
ニコン、D3/D300に「シーン認識システム」などの新技術を搭載(2007/08/23)


( 本誌:田中 真一郎 )
2007/09/11 17:41
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.