デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

日本HP、独立タンクの新プリントシステムを採用した複合機

〜上位機種はフィルムスキャンに対応

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、A4用紙対応の冬商戦向けインクジェット複合機3機種を28日より発売する。


新プリントシステム SPTを採用

 上位2機種には、新開発の「HP Scalable Printing Technology」(HPスケーラブル・プリンティング・テクノロジー、以下、SPT)を採用し、画質の向上、コストの低減、印刷速度の高速化を図った。

 SPTでは、インクタンクとヘッドを分離した「オフ・アクシス」型を採用し、ヘッドのみが移動する。インクタンクは6色独立。各色650ノズル、計3,900ノズルを備える。インク滴は5pl。印刷解像度は4,800×1,200dpi。

 インクタンク内の気泡を除去するためにインクを吐出する際に、インクを回収して再利用する「クローズループ・インクサプライシステム」を採用。インクの無駄な浪費を防ぎ、ランニングコストの低減を図る。

 また、印刷速度の高速化により、モノクロ32ppm、カラー31ppmを実現。L判写真は、最速のモードで12秒、デフォルトの「きれい」モードで18秒で印刷可能。

 インクはSPT用に新開発された「177」シリーズの6色Viveraインク。シアン、マゼンタ、イエロー、ライトシアン、ライトマゼンタ、ブラックで構成され、全色染料となる。


多孔型用紙をサポート

 なお、これまで同社製プリンタでは、用紙表面にインク受容層を持つ「膨潤型」の用紙のみサポートされてきたが、今回から用紙内部に受容層を持つ「多孔型」の「HPアドバンスフォト用紙」が純正用紙として用意された。

 さらに、177シリーズ全6色のインクタンクと、L判アドバンスフォト用紙200枚のセット「フォトパック6色」が用意される。直販価格は3,835円。これによりインクと用紙代を含めたランニングコストが1枚あたり約19円となる。


Photosmart 3310 All-in-One

Photosmart 3310 All-in-One
 フィルムスキャン対応CCDスキャナ、FAX機能、無線/有線LAN、3.6型QVGAカラー液晶ディスプレイを備えた最上位モデル。同社直販価格は42,840円。

 対応OSはWindows 98 SE/Me/2000/XP、Mac OS 10.2.8/10.3/10.4〜。

 プリンタ部にはSPTを採用。自動両面印刷ユニットを標準で備える。

 スキャナはCCDを採用。解像度は4,800×4,800dpi。入力はRGB各色16bit。原稿サイズは最大A4/レターで、35mmスリーブ(6コマ)/マウントフィルム(4コマ)の読み取りにも対応する。

 FAXはカラーFAX対応のG3 FAX。通信速度は最大33.6Kpbs。メモリ代行受信は約90枚。PCからのFAX送信にも対応する。

 Type 2 CF/SDメモリーカード(MMC兼用)/メモリースティック(PRO対応)/xDピクチャーカードスロットを装備し、メモリカードからのダイレクト印刷が可能。また、メモリカード内のMOV(QuickTime)/AVI(Motion JPEG)/MPEG-1の音声付動画を液晶ディスプレイで再生する機能を備える。

 PCとのインターフェイスはUSB 2.0、IEEE 802.11g/b対応無線LAN、Ethernetを装備する。

 本体サイズは464×395×220mm(幅×奥行き×高さ)、重量は12kg。


Photosmart 3210 All-in-One

Photosmart 3210 All-in-One
 2.5型カラー液晶ディスプレイを搭載した中級機。同社直販価格は25,830円。

 上位機種のPhotosmart 3310からFAX機能と無線LANを省いた製品。また、自動両面印刷機能はオプションとなる。

 SPTを採用したプリンタ部、フィルムスキャン対応のスキャナ部、カードスロットなどの仕様はPhotosmart 3310とほぼ同様。ただし動画は音声無しとなる。PCとのインターフェイスはUSB 2.0、Ethernet。

 本体サイズは464×395×220mm(幅×奥行き×高さ)、重量は11.9kg。


Photosmart 2575 All-in-One

Photosmart 2575 All-in-One
 従来どおりの4色/6色交換式インクシステムを搭載するエントリーモデル。同社直販価格16,800円。

 印刷解像度は4,800×1,200dpi。顔料系のブラックインクと染料系のカラーインクを採用。ノズル数はブラックが672、カラーが各色200。印刷速度はモノクロ30ppm、カラー24ppm。

 スキャナはCISを採用。解像度は2,400×4,800dpi。入力は各色16bit。原稿サイズは最大A4/レター。

 Type 2 CF/SDメモリーカード(MMC兼用)/メモリースティック(PRO対応)/xDピクチャーカードスロットを装備し、メモリカードからのダイレクト印刷が可能。また、メモリカード内のMOV(QuickTime)/AVI(Motion JPEG)/MPEG-1の動画を液晶ディスプレイで再生する機能を備える。

 PCとの接続はUSB 2.0、Ethernet。2.5型カラー液晶を搭載する。

 本体サイズは440×284×172mm(幅×奥行き×高さ)、重量は5.5kg。



URL
  日本HP
  http://welcome.hp.com/country/jp/ja/
  ニュースリリース
  http://h50146.www5.hp.com/info/newsroom/pr/fy2005/fy05-178.html

関連記事
日本HP、写真画質にこだわった複合機5機種(2004/10/04)


( 本誌:田中 真一郎 )
2005/09/28 13:04
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.