デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】

【PMA09】パナソニックはフルHD対応一眼「LUMIX DMC-GH1」を発表

〜ライカM/Rのマウントのマイクロフォーサーズ用アダプターも展示
会期:2009年3月3日〜3月5日(現地時間)
会場:米国ラスベガスコンベンションセンター


 パナソニックのブースでは、発表されたばかりのHD動画が録画できるデジタル一眼カメラ「LUMIX DMC-GH1」とLUMIX G Micro Systemに対応したレンズ「LUMIX G VARIO HD 14-140mm F4-5.8 ASPH. MEGA O.I.S.」、「LUMIX G VARIO 7-14mm F4 ASPH.」の2本を中心に展示していた。また、光学式手ブレ補正機構を内蔵した「45mm F2.8」のマクロレンズも参考出品されていた。

 いずれも、価格、発売時期ともに未定。日本での発売も未定となっている。


パナソニックブース 「LUMIX G VARIO HD 14-140mm F4-5.8 ASPH. MEGA O.I.S.」を装着したLUMIX DMC-GH1

DMC-GH1のカラーバリエーション(レッド) ブラックもラインナップ

 LUMIX DMC-GH1は、マイクロフォーサーズ規格に準拠したデジタル一眼カメラで、「AVCHD」と「Motion JPEG」という2つの動画撮影フォーマットに対応しているのが特徴。AVCHDモードでは、1,920×1,080ピクセル、24fpsで撮影可能。Motion JPEGモードでは、1,280×720ピクセルのHD画質ながら30fpsの動画を撮影できる。

 ボディは、同社のデジタル一眼カメラである「LUMIX DMC-G1」と似たデザインだが、ボディ上部にはステレオマイクを、背面には動画撮影専用ボタンを備えるなど随所に違いがみられる。なお、静止画を撮影している最中でも、動画ボタンを押すだけでシームレスに動画撮影モードに切り替えることが可能だ。

 撮像素子には、17.3×13mmの12.1メガピクセルのLive MOSセンサーを採用し、動画撮影を快適に行なうための画像処理エンジンとして新開発の「Venus Engine HD」を搭載している。暫定ではあるがボディサイズは、124×45.2×89.6mm(幅×奥行き×高さ)と、DMC-G1のサイズ(124×45.2×83.6mm)と、ほぼ同等。ボディのみの重量も約385gと同じだ。

 DMC-G1用のアクセサリとして、広範囲の集音を可能としたステレオマイク「DMW-MS1」(価格、発売時期未定)も同時に発表した。


上面にはステレオマイクを備える モードダイヤルに動画アイコンがプリントされている

搭載されている動画モードは「AVCHD」と「MOTION JPEG」の2種類。背面右上部には動画撮影ボタンを備える 同時に発表されたステレオマイク「DMW-MS1」を装着しているところ

LUMIX DMC-GH1に搭載されたLive MOSセンサー LUMIX DMC-GH1のDust Reduction System

画像処理エンジン「Venus Engine HD」 純正アクセサリとして、マイクロフォーサーズ用のライカMマウント用とRマウント用の変換アダプタを出品

 同時に発表となったレンズの1つ、LUMIX G VARIO HD 14-140mm F4-5.8 ASPH. MEGA O.I.S.は、動画撮影時のAFに対応したDMC-GH1のキットレンズとして発表された製品。光学式手ブレ補正機構を採用しており、35mm判換算で28〜280mmの焦点距離をサポートする。重量は約470gで、フィルター径は62mm。

 LUMIX G VARIO 7-14mm F4 ASPH.は、35mm判換算で14〜28mmの焦点距離をサポートする超広角ズームレンズ。重量は約300gと軽量で、114〜75度の画角を有する。


LUMIX G VARIO 7-14mm/F4 ASPH. LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.

参考出品された45mm F2.8のマクロレンズ


 コンパクトデジタルカメラは、1,280×720のHD画質で撮影できる「AVCHD Lite」での動画撮影機能を搭載した「LUMIX DMC-ZS3」(日本国内名称:LUMIX DMC-TZ7)や水深3mまでの水中撮影に対応した防水性能と1.5mからの落下試験もクリアした耐衝撃性能を備える「LUMIX DMC-TS1」(同LUMIX DMC-FT1)など国内で発表されたモデルが中心となって展示されていた。それぞれ、米国では4月発売予定。日本では3月上旬発売予定となっている。


AVCHD Lite動画撮影機能を搭載した「LUMIX DMC-ZS3」(日本国内名称:LUMIX DMC-TZ7) 防水・耐衝撃性能に優れる「LUMIX DMC-TS1」(日本国内名称:LUMIX DMC-FT1)の展示では、実際に水の中に入れてディスプレイしてあった

そのほかのコンパクトデジタルカメラの展示の様子


URL
  パナソニック
  http://panasonic.jp/
  パナソニックLUMIX DMC-G1関連記事リンク
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2008/10/02/9224.html

関連記事
PMA09関連記事リンク集(2009/03/04)


( 飯塚直 )
2009/03/04 17:37
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.