デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

【PMA09】サムスン、レンズ交換式ミラーレスAPS-C機「NX」シリーズ

会期:2009年3月3日〜3月5日(現地時間)
会場:米国ラスベガスコンベンションセンター


 Samsung Digital ImagingはPMA09において、ミラーレス構造のレンズ交換式デジタルカメラ「NX」シリーズを出品した。撮像素子はAPS-Cサイズ。シリーズ最初の製品を2009年下半期に発売するという。


APS-C機にしてミラーレスの「NX」 NXをアピールするサムスンブース

 レンズ交換式ながら、EVFおよび背面液晶モニターをファインダーとして使用するデジタルカメラで、サムスンでは「デジタル一眼レフカメラとコンパクトデジタルカメラのギャップを埋める」と説明。一眼レフカメラで一般的な装備の光学ファインダーとクイックリターンミラーをなくし、いわゆるライブビューでのフレーミングに限定。レンズと撮像素子の間をミラーレス構造としたのが特徴となる。一眼レフカメラからフランジバックを約6割削減し、「コンパクトデジタルカメラの可搬性と気軽さ、デジタル一眼レフカメラのクオリティを両立」したという。

 同じくミラーレスのオリンパス、パナソニック、シグマによるマイクロフォーサーズシステム規格と違うのは、撮像素子がAPS-Cサイズである点。画素数は非公開となっている。マウントも独自システムを採用する見込みで、具体的なレンズのラインナップを含め、詳細は未定となっている。

 ブースでは、シルバー、レッド、ブラックの3色のボディを展示。また、標準ズームレンズ、望遠ズームレンズ、単焦点レンズと見られる展示もあった。いずれも透明ケースに封じられ、一般来場者が手にとることはできない。

 EVFモデルとはいえ、ペンタ部の盛り上がりが存在するなど、一般的なデジタル一眼レフカメラを意識したスタイリング。ただしボディは薄く、グリップも控えめだ。ダイヤルはシャッターボタン後ろにひとつ。手ブレ補正に関するプリントのボタンはないが、標準ズームレンズにはAF/MF切替と思われるスイッチのほかに、もう1つスイッチがある。また、本体前面にはマイクを想起させる穴も確認できた。

 Samsung Digital ImagingはNXを「ハイブリッドカメラ」と説明し、2012年には同ジャンルが、スチルカメラ市場の20%以上を占めると見込む。


前面。プレビューボタンやマイク穴と見られる装備が見える 背面のボタンは比較的多め。液晶モニターは固定式

グリップを含めても薄いボディ 標準ズームと思われるレンズを装着した状態

レンズには2つのスライド式スイッチが存在する 赤ボディと標準ズーム

望遠ズームレンズを付けたボディも展示されていた


URL
  サムスン
  http://www.samsung.com/
  PMA09関連記事リンク集
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2009/03/04/10335.html


( 本誌:折本幸治 )
2009/03/04 12:41
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.