デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】

【速報】ライカ、AF搭載デジタル一眼レフ「S2」を発表


会期:2008年9月23日〜9月28日
会場:ドイツ・ケルンメッセ


2本のSレンズを従えたS2
 ライカ(Leica)はフォトキナ2008で23日、AF機構を搭載したデジタル一眼レフカメラ「S2」を発表した。ライカとして新しいシステム「Leica S-System」と呼称しており、その第1弾となる。発売時期、価格ともに未定。日本でも発売するという。

 センサーサイズは30×45mmで、いわゆる35mm判フルサイズより面積で約60%広い。画素数は3,750万ピクセル。

 液晶モニターは3型46万ドット。また、上面には有機ELによる情報表示パネルを備える。ボディは防塵防滴設計で金属製。

 最高シャッター速度は1/4,000秒。JPEGまたはDNGでの記録に対応する。記録メディアはCFかSDメモリーカードをユーザーが選択できる。

 会場では、ライカの歴史をアピールする特設コーナーで展示。過去のライカに対し、現在進行中のライカといったおもむきで、透明ケースの中にS2ボディやS-System用レンズをディスプレイしていた。





 レンズは9本を開発発表。ティルト&シフト機構を備えたものや、超望遠レンズを含む。マウントはバヨネット。



 具体的には次のラインナップになる。

  • Summarit-S 1:2.5/35mm ASPH. CS
  • Summarit-S 1:2.5/70mm ASPH. CS
  • APO-Macro Summarit-S 1:2.5/120mm CS
  • APO-Elmar-S 1:3.5/180mm CS
  • Elmarit-S 1:2.8/24mm ASPH.
  • Summarit-S 1:2.5/100mm
  • Elmar-S 1:3.5/30mm Tilt-Shift
  • Vario-Elmar-S 1:3.5/30-90mm ASPH.
  • APO-TELE-Elmarit-S 1:3.5/350mm



URL
  フォトキナ2008
  http://www.photokina-cologne.com/
  ライカカメラAG
  http://jp.leica-camera.com/home/
  製品情報
  http://www.s.leica-camera.com/leica-s-system/

【お詫びと訂正】記事初出時、センサーサイズを誤って記載しておりました。正しくは30×45mmです。お詫びして訂正いたします。



( 本誌:折本 幸治 )
2008/09/23 18:04
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.