デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

【PIE2008】ソニー、フルサイズフラッグシップ機を展示

〜デジタルフォトフレームなど新製品多数


会場:東京ビッグサイト
会期:2008年3月19日〜22日


 ソニーブースでは35mmフルサイズの撮像素子を搭載するフラッグシップ機と関連製品、α350、28mmからのズームレンズを搭載するサイバーショットDSC-W170、さらに発表されたばかりのデジタルフォトフレームが注目を集めている。

 フラッグシップ機はPMA2008と同様に、バッテリーグリップを装着した状態で、スケルトンモデルや撮像素子、さらにはレンズのコンセプトモデルとともに展示されている。ケース内展示で、手に触れることはできないものの、その大きさや質感は十分に伝わる。ボディは動作しないモックアップと思われるが、フルサイズセンサーを載せたイメージセンサーユニットは、手ブレ補正とアンチダストの動作デモをしており、アンチダスト時の「カチン」という音も響く。

 同時に展示されているレンズは、PIE2007に引き続き、大口径広角ズーム、超望遠ズーム、広角単焦点、大口径広角単焦点、望遠単焦点、超望遠単焦点の6本。こちらの発売時期なども明らかにされていない。

 19日朝には報道関係者向けにケースをはずしての撮影が行なわれたので、その様子を掲載する。


ソニーブース
多くの注目を集めるフラッグシップ機の展示

ストロボのフラッグシップモデルとともに展示されたαフラッグシップ機
報道陣向けにケースから出されたフラッグシップ機

フラッグシップ機背面。モードダイヤルを含め、操作系のレイアウトはα700と同様
フラッグシップ機上面。設定表示用の液晶パネルがある

フラッグシップ機のスケルトンモデルも展示。フルサイズのミラーが見える
スケルトンモデルの背面

左上がフラッグシップ機のセンサーユニット。右下は比較のために置かれたAPS-Cサイズのセンサーユニット
レンズのコンセプトモデルはPIE2007の展示を踏襲
※画像下のリンクをクリックすると、動画ファイルを開きます。
※再生環境に関するお問い合わせは受け付けておりません。
WMV動画(約600KB)
センサーユニットの動作


モデルや鉄道模型を撮影できるα350のコーナー
 デジタル一眼レフ関連では、発売されたばかりのα350が大量に用意され、撮影を含め、操作が可能。被写体の1つには鉄道模型が用意されており、クイックAFライブビューでの動体撮影の容易さをアピールしている。

 ハンズオンカウンターにもα700とともにα350が用意されており、こちらではリクエストすればほぼすべてのαレンズやアクセサリーを装着することもできる。


多数のα350が用意されているので、余裕を持って試すことができる
α350と有機EV TV「XEL-1」の組み合わせも体験できる

クイックAFライブビューが威力を発揮する動体撮影の被写体には、鉄道模型が用意されている
α350とα700のハンズオンコーナー。寿司ネタよろしくケース内に並べられたレンズやアクセサリーはすべて試せる

クイックAFライブビューの仕組みを説明するカットモデル
クイックAFライブビューについて、丁寧に説明を受けることができた

 コンパクトデジタルカメラでは、やはり発売されたばかりのサイバーショットDSC-T300と、発売間近のDSC-W170、DSC-H10を展示。T300とW170に搭載された「おまかせシーン認識」と、大人と子どもを判別する新しい「スマイルシャッター」を体験できるコーナーが特に用意されている。


薄型サイバーショット初の28mmズーム搭載機として注目を浴びるDSC-W170
小型10倍ズームのDSC-H10は、テレコンなども試せる

おまかせシーン認識のデモ。逆光状態でも自動でモデルの顔をきれいに撮影できる
こちらは大人と子どもの顔を判別するデモ

やはりおまかせシーン認識のデモ。夜景を模したセットの中で撮影
夜景+人物のモードが自動的に選ばれ、ストロボが赤目防止になる。顔も検出

 さらに、18日に発表されたばかりのデジタルフォトフレーム「S-Frame」シリーズと、コンパクトフォトプリンタ「ピクチャーステーション」シリーズも展示。とくにS-Frameは、従来の製品と一線を画す落ち着いたデザインや、高画質な液晶ディスプレイが注目を集めていた。


デジタルフォトフレーム「S-Frame」シリーズ
コンパクトフォトプリンタ「ピクチャーステーション」のDPP-FP95

各種ソニー製品との連携をアピール
リニューアルされて軌跡表示が可能になったGPSユニットキット

サイバーショットケータイは、ドコモとauの両モデルを展示


URL
  ソニー
  http://www.sony.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/200803/08-040/
  フォトイメージングエキスポ2008
  http://www.photoimagingexpo.jp/


( 本誌:田中 真一郎 )
2008/03/19 20:45
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.