デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

【PMA08】ソニー、米国で新デジタル一眼「α350」と「α300」を発表

〜高速ライブビューAFを実現

 米Sony Electronicsは30日(現地時間)、デジタル一眼レフカメラ「α350」(DSLR-A350)、「α300」(DSLR-A300)を発表した。そのうちα350を31日開幕のイベント「PMA08」のマスコミ向けプレイベント「Sneak Peek」に展示した。


α350 α350

α350 開幕前日のPMA08に掲出されたα350のポスター

ライブビュー中のα350

α300 α300

 α350は、独自の「Quick AF Live View」を搭載。撮像素子のほかにライブビュー専用のセンサーを備える「Two Sensor」が特徴。ライブビュー専用センサーをファインダー近辺に装備し、ライブビュー時にペンタミラーをわずかに動かすことで、レンズからの光をライブビュー専用センサーに導く。位相差AFセンサーを使用するので、通常のAFと遜色ないAF速度が得られるという。

 価格は、ボディのみが800ドル前後、DT 18-70mm F3.5-5.6とのセットが900ドル前後。米国での発売時期は3月を予定。

 液晶モニターは2.7型で上下方向に可動。APS-Cサイズ相当のCCDを搭載し、画素数は1,420万画素。ボディ内手ブレ補正機構「Super StueadyShot」も備える。補正効果は2.5〜3.5段分。

 ISO3200での撮影に対応。撮影時にはα700と同じく、Dレンジオプティマイザーが利用できる。連写速度は2.5枚/秒。インフォリチウムバッテリーを採用し、撮影可能枚数は、光学ファインダーで730枚、ライブビューで410枚。記録媒体はCF。

 α300は、1,020万画素、連写速度3枚/秒のモデル。価格は、DT 18-70mm F3.5-5.6とのセットで800ドル前後。米国での発売時期は4月。

 α350と同じくQuick AF Live Viewが利用でき、上下可動式の液晶モニターも共通。α350と共用のバッテリーグリップ「VG-B30AM」を用意する。

 また、交換レンズついても発売を発表している。「70-300mm F4.5-5.6 G SSM」、「Vario-sonnar 24-70mm F2.8 ZA」の2本。

 いずれも詳細は、PMA08の開幕後にレポートする。


70-300mm F4.5-5.6 G SSM Vario-sonnar 24-70mm F2.8 ZA


URL
  ソニー
  http://www.sony.co.jp/
  ニュースリリース
  http://news.sel.sony.com/en/press_room/consumer/digital_imaging/digital_cameras/dslr/release/33146.html


( 本誌:折本 幸治 )
2008/01/31 09:25
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.