デジカメ Watch
最新ニュース
【 2014/10/24 】
【 2014/10/23 】
【 2014/10/22 】
【 2014/10/21 】
【 2014/10/20 】

ペンタックス、クラシック調デジタル一眼レフのコンセプトモデル

〜内蔵ストロボを省略、絞りリング付きレンズの操作性に配慮

AP 50th Anniv.(コンセプトモデル)と同社の一眼レフカメラSP型(フィルムカメラ)
 ペンタックスは1日、同日にオープンした東京新宿の「ペンタックススクエア」で、コンセプトモデル「AP 50th Anniv」を公開した。フィルム一眼レフカメラ「アサヒペンタックス(AP型)」の発売50周年を記念して制作されたデザインスタディモデルで、ベースはデジタル一眼レフカメラ「K10D」の骨格を使用している。だが、デザイン的には可能な限りクラシカルなテイストを採り入れたという。発売予定はない。





 マウント部に装着されたレンズはDA 40mm F2.8 Limitedだが、これも実はコンセプトモデルで、レンズ先端には「smc TAKUMAR-DA」の文字と「0000001」のシリアルが読み取れた。

 AP 50のデザイン上の最大の特徴は、ファインダー部の形状をAPと同様の三角屋根にするために、内蔵ストロボを外したことだ。また、これによってストロボ部のひさし(出っ張り)がなくなったため、同社の古い絞りリング付きのレンズでも操作がしやすくなっているという。


ペンタプリズム部には懐かしのAOCOのロゴが彫りこまれ、内蔵ストロボも非搭載 新デザインローレット。取り付けはK10Dと違って水平になっている

レンズ先端には「smc TAKUMAR-DA」の文字と「0000001」のシリアル ボディ左肩にはAP 50th Anniv.の文字がある

専用メタルレンズカバーには懐かしのAOCOのロゴが彫りこまれている 製品企画室の前川氏にAP50を構えていただいた

 このコンセプトモデルは、クラシカルなテイストの需要が市場にどの程度あるかを調査するために制作したもので、展示モデルのまま製造する予定はない。また、今後にこのテイストのカメラを製造する場合は、まったく異なる形になるだろうということだ。

 今回の企画は開発および営業部門が立てたものではなく、前川氏の属する製品企画室が発案して実行したものだという。今後、同スクエアで、ユーザーからの生の声やアンケートによる意見を集めて、ぜひ製品開発に取り入れたいということだ。


AP50とK10D AP50とフィルムカメラのSP型

 AP50の展示は7月31日まで。場所はペンタックススクエア、住所は東京都新宿区西新宿1-25-1新宿センタービル中地下1階。なお、同スクエアでは、会員制クラブ「フォーカル」や「ペンタックスファミリー」の拠点でもあり、各種サービスが用意されている。

 なお、AP50がガラスケースに収められ、手に取ることはできない。また、デザインを発表するためのモックなので動作はしない。


AP50はガラスケース入りで展示されている AP50のコンセプトを説明するパネル

背後も見やすいように、AP50の後ろに鏡を設置 展示初日だが、もうすでに噂を耳にして見学者が現れた

【6月1日】初出時、SPをAP、AOCOをAOGと、それぞれ誤った記述がありました。お詫びして訂正いたします。



URL
  ペンタックス
  http://www.pentax.co.jp/

関連記事
ペンタックス、18日オープンの「ペンタックススクエア」を公開(2007/04/17)
ペンタックス、「ペンタックス スクエア」を開設(2006/12/21)


( 本誌:織原 博貴 )
2007/06/01 16:29
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.