デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

【PIE2007】Vario-Elmar 14-150mm F3.5-5.6を出品したパナソニック


会場:東京ビッグサイト
会期:2007年3月22日〜25日


 「カメラメーカーという面を意識した」(同社広報)という、黒を基調にしたブースを出展したパナソニックは、コンパクトデジタルカメラのLUMIX DMC-FX30とDMC-TZ3をメインに展開。ブースの表に春モデルのコンパクトカメラのハンズオンカウンターを設けた。ブースの内側には、LUMIX DMC-L1と交換レンズを展示していた。


パナソニックブース ステージでは、モデルを使った撮影講座を行なった

 DMC-L1のコーナーでは、フォーサーズ用の交換レンズ「Leica D Vario-Elmar 14-150mm F3.5-5.6 MEGA O.I.S.」のモックアップを参考出品した。PMA07で初めて展示されたレンズで、国内での公開は初めて。価格と発売時期は未定とのこと。ケース内に展示してあり、手に取ることはできない。


Vario-Elmar 14-150mm F3.5-5.6 MEGA O.I.S. ライカでおなじみのデジタル文字によるプリントが入る

 24日発売のフォーサーズ用単焦点レンズ「Leica D Summilux 25mm F1.4」は、カウンターに2本用意。DMC-LIに装着して操作を試することができる。同レンズは35mm判換算で50mm相当の画角が得られ、標準レンズとして使用できる。


Summilux 25mm F1.4 マウント側

Summilux 25mm F1.4に、同梱のフードを装着したところ こちらは標準ズームのLeica D Vario-Elmarit 14-50mm F2.8-3.5 ASPH.

DMC-L1のハンズオンコーナー。多くの人が手に取っていた DMC-L1の撮像素子も展示

外装も展示 アクセサリー

 コンパクトカメラのハンズオンコーナーは他社のブースに比べて長く、展示台数も多めに用意していた。“お嬢様カメラ”の愛称を持つ薄型モデルDMC-FX30などは、女性が手に取っている姿を多く見かけた。ブース内には、手ブレ補正機構の比較コーナーも設置していた。

 レンズをイメージしたという筒型のステージでは、講師による撮影講座も実施。ステージ前面に用意された同社のデジタルカメラを使って、撮影を体験することができる。


DMC-FX30 DMC-TZ1

DMC-FX30の分解モデル DMC-TZ3の分解モデル

レンズのカットモデルも展示。これはDMC-FX30のもの コンパクトデジタルカメラのハンズオンコーナーも高い人気

手ブレ補正機能はデモを行ないアピール DMC-FS1

そのほか、春モデルのコンパクトデジタルカメラを手に取ることができる ブースの壁面には、大型テレビを設置し、テレビでの写真再生を訴求


URL
  PIE2007
  http://www.photoimagingexpo.jp/
  パナソニック
  http://www.panasonic.co.jp/

関連記事
フォトイメージングエキスポ2007 出展内容リンク集(2007/03/16)


( 本誌:武石 修 )
2007/03/23 23:16
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.