デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】

HOYAとペンタックス、経営統合に向け基本合意

〜デジタルカメラは、ペンタックスのイメージング事業を維持

 HOYA株式会社とペンタックス株式会社は21日、2007年10月1日に両社が合併し、経営統合することで基本合意したと発表した。存続会社はHOYAとなる。新会社の社名は「HOYAペンタックスHD(エイチディー)株式会社」。

 新会社の取締役会長には現ペンタックス代表取締役社長浦野文男氏が、代表執行役最高経営責任者には現HOYA代表執行役最高経営責任者鈴木洋氏がそれぞれ就任する。統合では、ペンタックスの普通株式1株につきHOYAの普通株式0.158株を割り当てる。

 両社は経営統合により、光学、映像、材料を共通の技術基盤とし、ライフケア、オプティクス、情報エレクトロニクス、アイケア、イメージングシステムの各分野を中心に事業の最適化を図る。加えて、情報エレクトロニクス分野とアイケア分野の安定した収益を投入し、ライフケア分野の戦略的成長を目指す。さらに、オプティクス分野では、垂直統合によって事業構造を質的に転換し、競争力の強化を図る。

 統合後は、「小さな本社と権限委譲された事業部門」を指針とした各事業分野の再編を行なう。新会社では、事業分野ごとにHOYAおよびペンタックスのブランドを活かすとしている。


 デジタルカメラや双眼鏡などのイメージングシステム分野では、ペンタックスのイメージング事業を維持。高付加価値製品で差別化を図り、競争力を発揮できる分野に特化する。また、同分野を光学機器システムの新技術を生み出す母体と位置づけ、ライフケア分野、セキュリティー分野にも水平展開を図る。

 デジタルカメラ分野におけるアジア勢の台頭や、家電メーカーの参入などによる競争の激化に対し、各分野における両社の強みを発揮し、コスト競争力に加え、技術を軸とした付加価値を高めることで差別化を図りたいとしている。

 光学ガラス、レンズ、デジタルカメラモジュールなどのオプティクス分野では、HOYAのオプティクス事業と、ペンタックスのオプティカルコンポーネント事業を統合。設計から、材料レンズ、加工、モジュールまでの垂直統合を図り、コスト競争力を高め、同時に技術開発力を強化する。また、HOYAとペンタックスの製造拠点と顧客基盤を相互に利用することで、アジア勢を含めて今後の業界構造変化に対応できる競争力を確保する。

 内視鏡などのライフケア分野では、HOYAのメディカル事業とペンタックスのライフケア事業を統合。同分野を戦略的成長分野と位置づけ、診断から処置までの一貫した展開を図る。また、研究開発投資やM&Aによる製品開発力の向上と、営業・マーケティング体勢の拡充で事業規模の倍増を目指す。

 ガラス磁気ディスクなどの情報エレクトロニクス分野は、HOYAのエレクトロオプティクス分野からオプティクス事業を分離。統合後の収益力の中心事業として競争力を高め成長を図る。

 メガネ、コンタクトレンズのアイケア分野は、HOYAのアイケア分野からメディカル事業を分離。安定的成長が期待できることから、情報エレクトロニクス分野と並んでの中心事業と位置づけ成長を目指す。

 そのほかの分野では、両社の事業を維持する。研究開発部門は、HOYAのR&Dセンターとペンタックスの研究開発本部をコーポレート部門として統一する。なお、測量機器など将来的に収益の強が見込まれる新規分野には積極的に投資を行なう一方、選択と集中による事業の効率化を図る。


 両社は、統合後の新会社における経営および業務に向け、HOYAの鈴木洋代執行役最高経営責任者とペンタックスの浦野文男代表取締役社長を共同委員長とする統合準備委員会を設置する。諸制度につては、「同委員会において両社それぞれの優れた点を持ち寄り、新しい制度を共同で作り出す」としている。

 新会社であるHOYAペンタックスHDは、現在HOYAが上場している東京証券取引所市場第一部への上場を継続する。なお、新会社の本社所在地、総資産、資本金、合併による発行予定株式数、ペンタックス発光の新株予約権などについては、確定次第公表するとしている。

 HOYAは、半導体関連のマスクブランクスやHDD用ガラス磁気ディスク基盤で世界トップシェアを有する。また、光学ガラスおよびレンズでもトップメーカーの一角を担う。2006年3月期の連結売上高は3,440億円、営業利益1,010億円、純利益756億円。従業員数は3,338人。

 ペンタックスは、デジタルカメラおよびデジタルカメラモジュールの販売に加え、医療機器分野で内視鏡などを展開している。2006年3月期の売上高は1,422億円、営業利益30億円、純利益8億円。従業員数は1,336人。



URL
  HOYA
  http://www.hoya.co.jp/
  ペンタックス
  http://www.pentax.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.hoya.co.jp/data/current/newsobj-366-pdf.pdf


( 本誌:武石 修 )
2006/12/21 17:55
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.