デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】

シャープ、1/1.7型1,200万画素CCDを開発


左からRJ2IY3DA0ET、RJ2IY3BA0ET
 シャープは8日、1/1.7型で1,200万画素のCCDを開発したと発表した。コンパクトデジタルカメラ向けに30日からサンプル出荷を開始、2007年1月に量産を始める。サンプル価格は、4画素加算技術を採用した「RJ21Y3DA0ET」が7,500円、画素加算なしの「RJ21Y3BA0ET」が7,000円。

 画素セルサイズは業界最小クラスの1.88μm角。独自の微細加工技術と画素セル縮小技術により実現したという。総画素数1,252万(4,102×3,051ピクセル)、有効画素数1,219万画素(4,032×3,024ピクセル)。カラーフィルターは原色。

 4画素加算技術を対応したRJ21Y3DA0ETは、近接する画素信号をRGBごとに4画素ずつ加算することで、通常の4倍の高感度での撮影を実現する。その場合、画像は300万画素相当になる。

 プラスチックSOP(Small Outline Package)を採用。RJ21Y3DA0ETは36ピン、RJ21Y3BA0ETは従来の同社製1,000万画素CCDと同じピン配置の32ピン。CCD周辺IC、DSPも用意される。



URL
  シャープ
  http://www.sharp.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.sharp.co.jp/corporate/news/061108-a.html

関連記事
シャープ、1/1.7型1,000万画素CCDを開発(2005/11/01)


( 本誌:折本 幸治 )
2006/11/08 16:03
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.