デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

【Photokina 2006】ペンタックス、DA★レンズや645 Digitalを参考出品


 ペンタックスはPhotokina 2006において、10月発売のデジタル一眼レフカメラ「K10D」をメインに出品。さらに、参考出品を予告していたDA★レンズ3本や、645 Digitalが人気を集めていた。

 K10Dは、APS-Cサイズ相当の有効1,020万画素CCD、手ブレ補正機構「SR」、ゴミ対策機構「DR」などが特徴のデジタル一眼レフカメラ。発売中の「K100D」の上位機種に当たる。Photokina 2006では動作可能な状態で展示され、装着レンズの種類もバラエティに富んでいた。

 また、開幕直前に同社がPhotokina 2006への参考出品を予告していた「DA★ 16-50mm F2.8 ED AL」、「DA★ 50-135mm F2.8 ED」、「DA★ 60-250mm F4 ED」は、ドーム状のアクリルケース越しに見ることができた。16-50mm F2.8と50-135mm F2.8は3月頃、60-250mm F4は2007年中の発売を予定しているという。いずれもF値固定の大口径レンズ(60-250mmはF4固定)のためか、思ったより大柄な印象。外観は高級感があり、ゴールドとDAを表すグリーンのラインがアクセントになっている。

 いずれもKシリーズおよび*ist Dシリーズ専用設計のDAレンズで、高グレードを表す★(スタ―)を冠した製品は初めて。また、これまで同社の交換レンズラインアップに見られなかった、AF用超音波モーター用の電気接点を装備。超音波モータも内蔵していると見られる。


DA★ 16-50mm F2.8 ED ALを装着したK10D DA★ 50-135mm F2.8 ED

DA★ 60-250mm F4 ED

K10D装着レンズ例。DA 12-24mm F4 DA 14mm F2.8

DA Fisheye 10-17mm F3.5-4.5 こちらはK100DからSRを外した海外モデル「K110D」

 さらに、645AFマウントを採用する「PENTAX 645 Digital」もブース内にあった。こちらも参考出品を予告していた製品で、展示はアクリルケース内。これまでにもイベントで参考出品が見られた製品だが、同社は今後、搭載する撮像素子を3,000万画素相当にすることをあわせて発表している。外観はフォトイーメージングエキスポ2006のときから大きく変更していないようだ。発売時期は未定。


今回もケース越しの展示となった645 Digital



 また、コンパクトデジタルカメラのOpitoシリーズも出品。日本でも秋冬モデルとして展開するOptio A20などを手に取ることができた。

 そのほか、ペンタックスの歴史的な名機を集めたコーナーや、過去のCMを紹介するコーナーもあり、新製品だけにとどまらない、積極的なブランドアピールを行なっていた。


1/1.8型1,000万画素CCD、ボディ内手ブレ補正のOptio A20 コンパクトデジタルカメラ用のSRユニット

ペンタックスの名機を展示したコーナー その横では過去のペンタックスのCMを再生していた

ペンタックスデジタルセンターによるデザインコンセプトモデルも デザインモデルのひとつ、アサヒペンタックスIII


URL
  ペンタックス
  http://www.pentax.co.jp/
  Photokina 2006
  http://www.koelnmesse.jp/photokina/


( 本誌:折本 幸治 )
2006/09/28 12:41
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.