デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】
【 2016/05/18 】

【PMA 2006】松下電器、デジタル一眼レフカメラ「LUMIX DMC-L1」を発表


会期:2月26日〜3月1日
会場:米国フロリダ州オーランド Orange Country Convention Center


DMC-L1とLeica Dレンズ
 松下電器は26日(現地時間)、PMA 2006会場で記者会見を開催し、同社初のデジタル一眼レフカメラ「LUMIX DMC-L1」と標準レンズ「Leica D VARIO-ELMARITE 14-50mm F2.8-3.5 ASPH. MEGA O.I.S.」を発表した。本年中の発売を予定している。

 先に発表されたオリンパスE-330と同様のライブビュー機能を搭載しており、撮像素子の750万画素Live MOSセンサーとミラーボックスはオリンパスとの共同開発と発表された。画像処理エンジンは新開発のビーナスエンジンIII。ボディはマグネシウム製で、「ノスタルジーを感じさせるデザイン」(松下電器 DSCビジネスユニット長 吉田守氏)が与えられている。

 レンズはライカブランドを名乗るが「福島工場製」(同)とされている。また松下独自の光学手ブレ補正技術「MEGA O.I.S.」が搭載されている。ズームリング、フォーカスリングとともに絞りリングが鏡胴に装備されており、同社製レンズ一体型デジタルカメラ「LUMIX DMC-LC1」と同じような操作感を実現した。


本体前面にフォーサーズロゴも見える 液晶モニターは2.5型。可動しない模様 本体上面のシャッタースピードダイヤル

Leica D VARIO-ELMARITE 14-50mm F2.8-3.5 外付けストロボなどのアクセサリも用意される シグマの新フォーサーズレンズ。30mm F1.4や18-55mm F2.8、105mm F2.8マクロなど5本が発表された

 なおレンズは既存のフォーサーズシステム機と互換性があり、手ブレ補正もDMC-L1以外のボディで動作するが、使用できるのはモード1のみで、モード2は動作しないといった制限がある。

 会見ではこのほかシグマのフォーサーズレンズの新製品などが発表された。詳細は追ってレポートする。

※国内発表をもとに発売時期を追加しました。



URL
  PMA 2006
  http://www.pmai.org/xpma2006/default.asp
  PMA 2006関連記事リンク集
  http://dc.watch.impress.co.jp/static/link/pma2006.htm


( 本誌:田中 真一郎 )
2006/02/27 00:17
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.