デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

「ヨドバシカメラマルチメディアAkiba店」がオープン、5千人が開店を待つ

〜ポイントさらに10%プラスの「カメラスペシャルDAY」を実施

当日のヨドバシカメラマルチメディアAkiba
 株式会社ヨドバシカメラの「ヨドバシカメラマルチメディアAiba」が16日にオープンした。9時の時点ですでに約5,000人が開店を待つなど、好調な出足となった。

 ヨドバシカメラマルチメディアAibaは、延床面積61,400平方mの商業施設「ヨドバシAkiba」の1階から6階までを占める大型店舗。同店の延床面積は約23,800平方mで、取扱商品点数は60万アイテム。7階はタワーレコード、有隣堂、メガネの愛眼などが入居する専門店フロア、8階は約25店舗の飲食店フロア、9階はゴルフショップおよびゴルフ練習場となっている。JR秋葉原駅や8月24日に開業したつくばエキスプレス秋葉原駅とも隣接するなどアクセスも良く、地下には400台収納可能な駐車場も完備している。

 今回、開店に当たっての広告チラシは前日まで配布されていなかった。それでも、オープン前日夜から来場者が列をなし、その数はヨドバシカメラ側が想定していた入場整理券約1,500枚分を大きく上回る5,000人にのぼった。そのため当日は、入場者を地下駐車場を利用して収容。9時、入場整理券を持つ人から順次入場が始まり、その後も入口(JR中央口と昭和通り口)での入場制限を行なうなど混乱を抑えていた。


大きな混乱なく入場が行なわれた 行列は入場制限をかけながら徐々に消化 昭和通り口。開店後しばらく昭和通りまで列が続く

 デジタルカメラは1階および3階で販売。主力は3階で、コンパクトデジタルカメラでは「望遠デジカメ」、「ブレに強くて人気」、「アウトドアに」など、最近の製品トレンドを切り口にした展示を行なっている。デジタル一眼レフカメラは主要メーカー別にシマを設置。どちらも広大なフロア面積を生かし、大量の実機を展示している。また、撮影用品の品揃えも強力で、たとえば三脚やカメラバッグの場合、ブランドによってはほぼすべての現行ラインナップを確認できた。

 なお開店日の16日は「カメラスペシャルDAY」と称し、販売価格5万円以上のカメラ本体を購入すると、通常のポイント還元にさらに10%のポイントをプラスする。また、翌17日は「レンズスペシャルDAY」となり、販売価格5万円以上の交換レンズ(デジタル一眼レフカメラおよびフィルム一眼レフカメラ用)の購入で、通常ポイント還元にさらに5%分が加わる。

 また、売場では「IXY DIGITAL 60」、「DiMAGE X1」、「EX-Z500」、「Opitio S5z」、「μ DIGITAL 800」、「FinePix Z1」などの製品がポイント15%還元の対象となっていた。

 ヨドバシカメラAkibaの営業時間は9:30〜22:00。専門店フロアは9:30〜22:00、レストラン街は10:00〜23:00となっている。いずれも年中無休。なお、専門店フロアやレストラン街でもオープニング特別セールを実施している。


一眼レフコーナー。メーカーごとにシマを設置 コンパクト機は機能・用途別に展示

天井からブラ下がる一脚群 カメラバッグコーナー。通路も広い 記録メディアコーナー。ほかにも3階各所で見られる

3階のカメラ関連書籍コーナー ゴールドポイントカードIC eLIOの告知も行なった 地下2〜6階は駐車場。計400台を収容できる

※記事中の価格やポイント還元率は、開店時のチラシおよび当日の取材時点のものであり、これらの価格およびポイント還元率で販売されることを保証するものではありません。



URL
  ヨドバシカメラ
  http://www.yodobashi.com/
  店舗情報
  http://www.yodobashi.com/enjoy/more/akiba/
  【9月16日】本日開店のヨドバシカメラ、やっぱり行列始まる(PC)
  http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0916/yajiuma.htm
  【9月13日】ヨドバシカメラ、マルチメディアAkibaの店内を公開(PC)
  http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0913/yodobashi.htm


( 本誌:折本 幸治 )
2005/09/16 13:27
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.