デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

ニコン、デジカメはD70好調で増収するも、コンパクトの価格低下で減益


D70
 株式会社ニコンは7日、2004年度第3四半期の連結業績を発表した。9カ月累計で売上高は前年同期比28.7%増の4,658億7,900万円。利益面では、営業利益139億8,400万円、純利益234億円と黒字に転換した。

 デジタルカメラ、交換レンズを含む映像事業は、売上高2,667億円(23%増)、営業利益89億円(48.9%減)。デジタル一眼レフカメラ「D70」が好調で、交換レンズも販売を伸ばしたものの、コンパクトデジカメの競争激化と価格低下の影響を受け、増収減益となった。全セグメント中、売上高の54.7%、営業利益の63.6%を映像事業が占めている。通期の予想は売上高3,600億円、営業利益190億円。

 同社のデジタルカメラ出荷数は、第3四半期で150万台、9カ月累計で500万台。前年同期よりぞれぞれ15.4%、14.2%増加し、通期では22.2%増の660万台を見込んでいる。

 そのほかのセグメント別では、IC用ステッパー、液晶用ステッパーともに設備投資が拡大したため、精機事業の赤字が解消した。売上高は1,521億円、営業利益は47億円。また、顕微鏡や測定機などのインストルメンツ事業も堅調に推移。売上高は362億円、営業利益は前年同期比で5倍の5億円。眼鏡、望遠鏡などその他事業は売上高326億円、営業利益マイナス1億円となっている。

 通期の見通しは売上高6,600億円(30.3%増)、純利益286億円と変更はない。



URL
  ニコン
  http://www.nikon.co.jp/
  平成17年3月期第3四半期財務・業績の概況(PDF)
  http://www.nikon.co.jp/main/jpn/profile/ir/2005/finance/05_f3_c_j.pdf
  平成17年3月期第3四半期業績関係データ
  http://www.nikon.co.jp/main/jpn/profile/ir/2005/finance/05_f3_d_j.pdf

関連記事
ニコン、2005年3月中間期は増収増益も、デジカメは減収(2004/11/15)


( 折本 幸治 )
2005/02/07 19:22
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.