デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】

ソニー、レンズ内モーター「SAM」搭載の新ダブルズームレンズ


 ソニーは、デジタル専用のズームレンズ「DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM」と「DT 55-200mm F4-5.6 SAM」を6月25日に発売する。価格はそれぞれ3万1,500円、4万2,000円。

 6月25日発売のデジタル一眼レフカメラ「α380」、「α330」、「α230」のキットレンズとしてリリースする製品。それぞれ単体でも発売する。


DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM DT 55-200mm F4-5.6 SAM

 これまでソニーでは、エントリーのデジタル一眼レフカメラのキットレンズとして、「DT 18-70mm F3.5-5.6」と「75-300mm F4.5-5.6」、あるいは高倍率ズームレンズの「DT 18-200mm F3.5-6.3」を組み合わせていた。このうち75-300mmは35mm判に対応した製品。なおソニーは、デジタル専用の「DT 55-200mm F4-5.6」を2007年11月に発売している一方で、キットレンズへの採用実績はない。

 新製品はどちらも、レンズ内にAF駆動用モーター「SAM」(Smooth Auto-focus Motor)を搭載。「従来のボディ内モーター駆動よりもスームズな動作」としている。ソニーは高級レンズの一部に超音波モーターのSSMを採用しているが、SAMは超音波モーターではなくDCモーターとなる。


DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM(SAL1855)

DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM
 焦点距離27〜82.5mm相当(35mm判)の画角が得られる3倍ズームレンズ。7枚羽根の円形絞りを採用し、レンズ構成は7群8枚。非球面レンズ2枚、EDガラス1枚を使用している。

 最短撮影距離は0.25m、最大撮影倍率は0.34倍。SAMを搭載したことで、本体にAF/MF切替スイッチを備える。

 フィルター径は55mm。本体サイズは69.5×69mm(最大径×全長)、重量は210g。


DT 55-200mm F4-5.6 SAM(SAL55200-2)

DT 55-200mm F4-5.6 SAM
 α380、α330、α230のダブルズームキットに付属する望遠ズームレンズ。82.5〜300mm相当(35mm判換算)の画角をカバーする。仕様上、現行DT 55-200mm F4-5.6(SAL55200)との違いは、SAMの搭載と重量のみ。

 レンズ構成は、EDガラス1枚を含む9群13枚。9枚羽根の円形絞りを搭載している。最短撮影距離は0.95m、最大撮影倍率は0.29倍。

 フィルター径は55m。本体サイズは71.5×85mm(最大径×全長)、重量は305g。SAM比搭載の55-200mm F4-5.6より、約10gの重量増となっている。



URL
  ソニー
  http://www.sony.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200905/09-0518/
  製品情報(DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM)
  http://www.sony.jp/dslr/products/SAL1855/
  製品情報(DT 55-200mm F4-5.6 SAM)
  http://www.sony.jp/dslr/products/SAL55200-2/


( 本誌:折本幸治 )
2009/05/18 14:03
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.