デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/31 】
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】

ニコン、「50mm F1.4」を全面リニューアル

〜円形絞りや超音波モーターを採用

 ニコンは、AF単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 50mm F 1.4 G」を12月に発売する。価格は6万3,000円。23日からドイツ・ケルンで開催するイベント「フォトキナ2008」に出品する。

 35mmフルサイズセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ(FXフォーマット)や、銀塩一眼レフカメラ「F6」などに対応する標準レンズ。1995年に発売した「Ai AF Nikkor 50mm F1.4 D」の光学系を全面的に見直した製品。なお、Ai AF Nikkor 50mm F1.4 Dは併売する。

 新設計の光学系を採用することで、諸収差を抑制した。レンズ構成は従来の6群7枚から7群8枚になり、「デジタル時代にふさわしい性能」(ニコン)としている。絞り値をボディ側で設定するGタイプになり、絞りリングは搭載しない。

 新たに、フォーカス駆動のための超音波モーター「SWM」(Silent Wave Motor)を採用。高速で静粛性に優れたAFを実現した。また、超音波モーターの搭載により、ボディにAF駆動用モーターを持たない「D60」、「D40X」、「D40」でもAFが可能になった。APS-Cサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラ(DXフォーマット)に装着した場合の焦点距離は、75mm相当になり中望遠レンズとして使用できる。

 絞り羽根が従来モデルの7枚から9枚に増え、円形絞りになった。最短撮影距離は45cm。フィルター径は58mm。サイズは73.5×54mm(最大径×全長)。重量は約280g。「M/A」および「M」のフォーカスモードを備える。バヨネットフード「HB-47」などが付属する。

 50mmレンズは、画角が46度と肉眼に近いことから、自然な描写が可能な“標準レンズ”として親しまれている。



URL
  ニコン
  http://www.nikon.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2008/0922_afs50_01.htm
  製品情報
  http://www.nikon-image.com/jpn/products/lens/af/singlefocal/normal/af-s_50mmf14g.htm


( 本誌:武石 修 )
2008/09/22 15:30
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.