デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】

ライカ、開放F0.95の「ノクティルックスM 50mm」


 ライカは、開放F0.95のMマウントレンズ「ノクティルックスM f0.95/50mm ASPH.」を発表した。2009年2月に発売する。国内での価格は未定。


ノクティルックスM f0.95/50mm ASPH. M8.2に装着。引き出し式のフードを採用

 開放F値0.95、焦点距離50mmの大口径望遠レンズ。1975年に登場した「ノクティルックスM f1/50mm」の後継モデルとなる。最新技術を使い、前モデルに大幅な改良を加えたという。

 レンズ構成は、絞りを中心に8枚のレンズを前後対称に配置したダブルガウス型。うち2枚に非球面レンズ、5枚に異常部分分散ガラスを使用している。さらに3枚は「1kg当たり銀1kgのおよそ2倍の価格」という高価な高屈折率ガラスを使っているという。

 最後群のレンズが相対的に位置を変えるフローティングシステムも採用。近接撮影で優れた描写を実現する。

 最短撮影距離は1m。最大撮影倍率は1:16.9。フードは収納式。本体サイズは約73×75mm(最大径×全長)、重量は約630g。



URL
  ライカ
  http://www.leica-camera.co.jp/

関連記事
ライカ、「ノクティルックス」最後の100本を限定販売(2008/06/23)


( 本誌:折本 幸治 )
2008/09/15 13:31
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.