デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/31 】
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】

ニコン、シフトレンズなどMicroレンズ2機種

〜電磁絞り採用の「PC-E NIKKOR」をラインナップ

 ニコンは、シフト機能などを搭載した交換レンズ「PC-E NIKKOR 24m F3.5 D ED」を2月22日に発売する。価格は30万9,750円。

 また、「AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED」を3月に発売する。価格は8万3,000円。


PC-E NIKKOR 24mm F3.5 D ED

PC-E NIKKOR 24m F3.5 D ED
 デジタル一眼レフカメラとフィルム一眼レフカメラに対応するシフトレンズ。シフトとティルトに対応し、アオリ撮影が行なえる。

 シフトは、レンズを撮像面に対して平行に移動、建築物など被写体の上すぼまりなどを防ぐ。ティルトはレンズ光軸と撮像面の直交関係を変化させるもので、ピントの合う範囲をコントロールできる。

 シフト量は±11.5mm、ティルト量は±8.5度。左右90度のレボルビング機構も備える。

 ニコンの交換レンズとしては珍しく、電磁絞り機構を採用。電子制御絞り対応のデジタル一眼レフカメラ「D3」と「D300」では、自動絞りが使える。9枚羽根の円形絞りを採用。最小絞りはF32。

 D3以外との組み合わせでは、使用できる機能およびシフト量、ティルト量に制限が生じる。また、F90Xシリーズ、F90シリーズ、F70、F60D、Us、F50D、F-401シリーズ、F-801シリーズ、F-601、F3AF、F-501、PRONEA Sなどのマニュアルフォーカスカメラとの組み合わせでは使用できない。

 レンズ構成は、EDレンズ3枚、非球面レンズ3枚を含む10群13枚。ナノクリスタルコートも採用する。最短撮影距離は0.21m、最大撮影倍率は1/2.7。

 フィルター径は77mm。本体サイズは約82.5×108mm(最大径×全長)、重量は約730g。スプリング式レンズキャップなどが付属する。

 なお同社では、PC-E NIKKORのラインナップとして、2008年夏以降に「PC-E Micro NIKKOR 45mm F2.8 D ED」、「PC-E Micro NIKKOR 85mm F2.8 D」の発売を予定している。価格など詳細は未定。

【2月1日追記】当初「PC-E Micro NIKKOR 85mm F2.8 D ED」と表記しておりましたが、1月30日付けでニコン販売より、「PC-E Micro NIKKOR 85mm F2.8 D」に訂正されましたので、修正しました。


AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED

AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED
 等倍撮影に対応した焦点距離60mmのマクロレンズ。35mmフルサイズの撮像素子や、フィルム一眼レフカメラにも対応する。旧来の「Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8 D」をリニューアルし、SWM、EDレンズ、ナノクリスタルコートなどを備えた。

 フォーカシングはインナーフォーカス方式。レンズ構成は非球面レンズ、EDレンズなどを含む9群12枚。9枚羽根の円形絞りを採用する。最小絞りはF32。最短撮影距離は0.185m。

 フィルター径は62mm。本体サイズは約73×89mm(最大径×全長)、重量は約425g。バヨネット式のレンズフードが付属する。



URL
  ニコン
  http://www.nikon.co.jp/
  ニュースリリース(PC-E 24mm)
  http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2008/0129_pce24_07.htm
  ニュースリリース(Micro 60mm)
  http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2008/0129_afs60_06.htm
  製品情報(PC-E 24mm)
  http://www.nikon-image.com/jpn/products/lens/mf/singlefocal/wide/pc-e_24mmf35d_ed.htm
  製品情報(Micro 60mm)
  http://www.nikon-image.com/jpn/products/lens/af/singlefocal/normal/af-s_micro_60mmf28g_ed.htm


( 本誌:折本 幸治 )
2008/01/29 13:05
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.